亡くなったコロナ患者のクレカを盗んでスナック菓子などを購入 コロナ病棟で働く女、窃盗罪で有罪判決 

亡くなったコロナ患者のクレカを盗んでスナック菓子などを購入 コロナ病棟で働く女、窃盗罪で有罪判決 

画像はイメージです

 新型コロナの感染が止まらない。各地の医療現場は、依然として厳しい状況が続いている。そんな中、病院の職員が逮捕される事件が発生した。

 英バーミンガム王立裁判所は、亡くなったコロナ患者のクレジットカードを盗んで使用したとして、病院の職員の女に有罪判決を言い渡したと、海外ニュースサイト『New York Post』『Daily Mail』などが6月10日までに報じた。

 記事によると、英バーミンガムの病院で、1月24日午後2時頃、83歳女性の死亡が確認された。女性は新型コロナウィルスに感染、同病院のコロナ病棟に入院していたという。同病院で患者のアシスタントとして働く23歳女は、いつの時点かは不明だが、女性のクレジットカードを盗んだ模様。

 女性の死後から約20分後、女は、同病院の自動販売機で、女性のクレジットカードを使い、スナック菓子、スィーツ、炭酸飲料など6点購入。さらに4日後にも、女性のクレジットカードを使おうとしたが、ロックがかかって使用できなかったという。

 女性のクレジットカードがないと気づいたのは、女性の家族だそうだ。女性の家族から通報を受けた警察は、病院の警備員に協力を求め、監視カメラを確認。自動販売機でスナック菓子を購入する女の姿が捉えられていた。警察は、窃盗などの容疑で、女を逮捕、起訴した。逮捕時、女は女性のクレカを持っていたという。

 >>コロナ感染の証明書を偽造、オンラインテストに変更させる コロナ禍でトンデモ行動をした親たち<<

 女は容疑を認めているが、「床に落ちていたクレジットカードを拾って預かっていた。自分のクレカと混ざってしまい、誤って使用してしまった」と当初、捜査関係者に話していた。だが、6月9日に開かれた裁判では、女は女性のクレジットカードを盗んだことを認めたという。裁判所は、窃盗罪と虚偽の申告罪で有罪、執行猶予付きのそれぞれ5か月の禁固刑を女に言い渡したという。女は窃盗が発覚した時点で、停職処分となっている。その後、解雇されたかなどの情報はない。

 このニュースが世界に広がると、ネット上では、「手癖の悪い女だ。患者の持ち物を盗むのは絶対にやってはいけない」「スナック菓子ばかり食べているから判断力が鈍る。病院食を分けてもらえ」「こんなすぐバレる盗み、よくやる気になるな」「この女のせいで病院の信用がガタ落ち」「執行猶予か。刑が軽すぎる。刑務所へ入れた方が良い」「コロナ病棟は今激務だ。そのくらい許してあげて」など様々な声が上がった。

 病院や医療関係者の方は、コロナ禍で日々大変な思いをされているだろう。患者の持ち物を無断で持ち去るなど、病院の信用を損なえば、受けるダメージはさらに大きくなってしまう。

記事内の引用について
Hospital worker accused of using dead patient’s debit card to buy snacks(New York Post)より
https://nypost.com/2021/06/10/hospital-worker-accused-of-using-dead-patients-debit-card/
NHS worker, 23, is spared jail after using dead 83-year-old Covid patient's bank card to buy sweets and fizzy drinks from hospital vending machine 17 MINUTES after she died from virus(Daily Mail)より
https://www.dailymail.co.uk/news/article-9671607/NHS-worker-spared-jail-using-dead-Covid-patients-bank-card-buy-sweets-fizzy-drinks.html

関連記事(外部サイト)