44歳男、ホテルの朝食バイキングに忍び込み飲食し逮捕 支配人に声を掛けられ逃走

44歳男、ホテルの朝食バイキングに忍び込み飲食し逮捕 支配人に声を掛けられ逃走

画像はイメージです

 島根県出雲市のホテルに侵入し勝手に朝食バイキングを食べたとして、44歳契約社員の男が逮捕されたことが判明。その行動に驚きが広がっている。

 警察によると、男は23日午前8時頃、出雲市内のホテルに侵入すると、宿泊客用に設置されていた朝食バイキング会場に向かい、ヨーグルトと牛乳を飲食した模様。不審に思ったホテルの支配人が声をかけると、男は宿泊客ではないことを認め、逃走した。

 ?>>53歳無職男、父や妻とホテル暮らしで生活保護費365万円を不正受給 巧妙な手口に怒りの声<<???

 その後、ホテルが警察に通報。防犯カメラの映像などを元に捜査した結果、同市に住む44歳契約社員男の犯行である可能性が強まり、建造物侵入と窃盗の疑いで逮捕した。警察の取り調べに対し、男は「間違いありません」と容疑を認めている。職を持っていた男がなぜバイキング会場に侵入したのかなどについては、現在のところわかっていない。

 驚きの犯罪に、「セコすぎる。仕事をしているんだし、飯くらい自分で食えよ」「バレないと思ったんじゃない? 浅はかすぎる」「よっぽど腹が減っていたのだろうが。逃げずに謝罪だけにしておけば、許してもらえたのかもしれない」「頭が悪いとしか言いようがない」「タダで食べてしまおうという発想が浅ましい」と呆れの声が相次ぐ。

 また、「ホテルのフロントを通過してしまうと、バレにくいものがある。作業着の人もいるし」「ホテル側が宿泊者をある程度把握していないと、こういうことが起こりうる。コロナだから、バレたのかも」「手口からして初めてとは思えない」と余罪を疑う声も上がっていた。

関連記事(外部サイト)