舛添要一氏、小池氏退院で都議選候補者を「兵隊さん」呼ばわりし批判 「こんな上司の下では絶対に働きたくない」の声も

舛添要一氏、小池氏退院で都議選候補者を「兵隊さん」呼ばわりし批判 「こんな上司の下では絶対に働きたくない」の声も

舛添要一氏

 元参議院議員で、元東京都知事の舛添要一氏が6月30日のツイッターで、過労で静養していた小池百合子東京都知事の退院に言及した。舛添氏は「小池都知事が退院。当面はテレワークということは、街頭に出ての選挙応援は無理ということだ。あと4日くらいは自宅で静養という理解でよいのではないか。大将がいなくても、兵隊さんは自力で戦うしかない」とツイート。

 だが、この物言いに非難の声が殺到している。ネット上では「私も病気患って入院、静養したことあるけど…回復にかかる時間なんて人それぞれなんだけど」「心配されなくても自宅療養でしょう。いちいち小池都知事と都議会のことは心配されなくても良い。あなたは一都民であり、都知事でも都議会議員でもない。大きなお世話だ」といった声が聞かれた。

 ?>>舛添要一氏、静養中の小池都知事に「最終目標は総理の座」「利用できる者は利用」と猛批判<<???

 さらに、舛添氏が「都民ファーストの会」の候補者たちを「兵隊さん」に例えたことにも、「部下や仲間のことを兵隊呼ばわりするわ、体調悪くても自分だったらこうする、こうあるべきだ、とか言ってるわ、こんな上司の下では絶対に働きたくない」「貴方の下で働いてた方逹にも、兵隊さんと呼んでいたのですか?もう少し言葉をきちんと正しく書いた方が良いと思います」「その“兵隊”と言う表現はなんなんですか?部下やスタッフ、同僚のことを兵隊と思っていると言うことでしょうか」といった、たしなめる声が並んだ。

 舛添氏は過去のツイートでも小池氏の入院に対して、「全国の選挙に駆り出され、体力の限界で倒れ緊急搬送された経験のある政治家として言うと、過労くらいで1週間も戦のときに休むのは政治家失格であり、私ならもう戦線復帰している。政治家にとっては選挙が一番大事だからだ」と批判。これにも「ねぎらいの言葉はないのか」と批判が殺到してしまった。今回もその例に漏れず、批判フレーズに引っかかったネットユーザーが多いようだ。

記事内の引用について
舛添要一氏のツイッターより https://twitter.com/MasuzoeYoichi

関連記事(外部サイト)