熱海土石流、谷原章介の質問に違和感「やめてあげて」「その質問必要?」しつこい取材に疑問の声も

『めざまし8』が熱海の土石流を報道 谷原章介の質問に対し「鬼畜谷原」との声

記事まとめ

  • フジテレビ系『めざまし8』が熱海の土石流を報じ、永島優美アナが現地で取材を行った
  • いとこの安否が分からないという男性に対し、谷原章介は5分に渡って質問した
  • SNS上では「追い討ちかけるような質問」「鬼畜谷原」などの声が出ている

熱海土石流、谷原章介の質問に違和感「やめてあげて」「その質問必要?」しつこい取材に疑問の声も

熱海土石流、谷原章介の質問に違和感「やめてあげて」「その質問必要?」しつこい取材に疑問の声も

谷原章介

 5日放送の『めざまし8』(フジテレビ系)に出演した谷原章介のコメントに、疑問の声が相次いでいる。

 週末にかけて熱海を襲った土石流。現在、113人と連絡が取れていない状況だという。この日は永島優美アナウンサーが現地へ飛び、生中継で取材。その様子をフジテレビのスタジオにいる谷原が受けるという展開だった。

 そこで永島アナが話を聞いたのは、現在、いとこの方の安否が分からないという男性。彼女は男性を前に「おはようございます。大変な時にすみません。よろしくお願いいたします」と取材に応じてくれたことに対して恐縮しながら礼を述べ、取材を始めた。

 >>『めざまし8』谷原章介の発言に「スポーツ選手を侮辱」「配慮がなさすぎる」と指摘 永島アナに同情の声も<<

 その男性は「テレビの中で、いとこの家が流される瞬間の映像を見た」と気丈にも語り、「いとこは、そのうちの中にいたみたいです」と報告。永島アナから「特徴的な屋根だったり、家の色というのはあるんですか?」と問いかけられると、具体的にどんな屋根で、どんな壁だったか説明した。
 
 永島アナから「今、目の前が現場ということで大切な、いとこの方が…」と言うと、男性は「もう、1日でも1時間でも早く見つかっていただければ祈っています」と声を振り絞った。この後もしばらく永島アナとやり取りが続いたが、ここでスタジオにいた谷原がカットイン。
 
 「お宅の中にいとこの方がいらっしゃったのは間違いない情報なんでしょうか?」と質問したのだ。すると、男性は「妹が電話を入れたら、ギャーという声が聞こえたそうです。それで、そのままだそうです。ですから、いるのは間違いなかったと思います」と答えた。谷原は「その後、連絡が一切つかないということですね?」と繰り返し確認する場面も見られた。

 さらに頻繁にあったのが、永島アナと谷原の質問がかち合ってしまうシーン。そのたびに、どちらかが譲り合い、口をつぐんで、変な間が生まれてしまうという“ちぐはぐ”さが見られた。

 男性への質問は5分に及び、男性が最後は涙声になるシーンもあった。SNS上では「中々しつこくエグる取材」「もうやめてあげて」「何でそんな必死に聞くの」「取材することまとめてないのかな?」と取材そのものに対する疑問の声が。さらに、谷原による「家にいたのは間違いないか」という質問には、「聞くなよ そんなこと」「谷原その質問必要か?」「そこの確実性は大事か?何を聞きたいの?」「追い討ちかけるような質問やめよう。。」「腹が立ってくる!」「鬼畜谷原」「怪しむ谷原」という声もあった。ただ、永島アナが取材の最後、男性にすまなさそうに頭を下げ、「ありがとうございます」と言っている姿は印象的だった。

関連記事(外部サイト)