「現実逃避したかった」31歳アルバイトの男、妻子とホテルに宿泊し48万を払わず逃走

「現実逃避したかった」31歳アルバイトの男、妻子とホテルに宿泊し48万を払わず逃走

画像はイメージです

 神奈川県横浜市西区のホテルに宿泊したにもかかわらず、宿泊費を支払わなかったとして6日、富山県富山市に住む31歳アルバイトの男が逮捕された。

 警察によると、男は2020年10月4〜15日にかけ、妻と3人の子どもを連れて神奈川県横浜市西区みなとみらいのホテルに宿泊。ひと時のバカンスを楽しんだ後、宿泊費など計約48万円を支払わず、チェックアウトしないままホテルから姿を消していた。昨年12月にホテル側が警察に被害を相談。捜査の結果、富山市に住む31歳の男が詐欺の疑いで逮捕された。

 ?>>48歳無職女、ホテルに侵入しフリードリンクを飲み逮捕 信じがたい言い訳に唖然<<???

 取り調べに対し、男は「借金が数百万円あって、現実逃避をしたかった」と容疑を認めているという。詳しいことはわかっていないが、気晴らしのために妻子とともに宿泊し、さっさと逃げてしまったということのようだ。

 男の犯罪に、「一家心中をするよりはマシだけど…。妻子もいるんだし、社員や契約社員でしっかり働けばいいだろう」「コロナで仕事がなくなったのかもしれないけど、やっていいことと悪いことくらいの判断は持ち合わせておくべきだ」「気持ちはわかるけど、だからといってこんなことをするのはよくない。お金がないなら、しっかり働くべきだし、生活保護も検討するべきでしょ」と呆れの声が上がる。

 また、「妻も共犯でしょう。本来なら、止める立場だ」「妻は夫の犯罪行為を黙認していたの? 止めなきゃダメでしょ」「夫も夫なら、妻も妻。こんな両親を持った子どもがかわいそう」「子どもの今後が心配」などの声も上がっていた。

関連記事(外部サイト)