爆問太田、ワクチン接種の副反応を報告 マネージャーは「強烈なデッドボールを受けたような痛み」

爆問太田、ワクチン接種の副反応を報告 マネージャーは「強烈なデッドボールを受けたような痛み」

爆笑問題・太田光

 7月6日深夜放送の『爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ系)で、太田光が新型コロナウイルスのワクチン接種を報告した。

 太田は「この間、いよいよ本物のコロナのワクチン(を接種)。あと、もう1本残ってる」と報告。第1回目の接種を終えたようだ。これまで五十肩の治療で肩に注射を打ってきた病院で行ったため、「看護師さんも慣れたもんで」と注射嫌いの太田をしっかりとサポートする体制が整っていたようだ。しかし、いざ注射の直前には「あーっってなるわけ。緊張で」とやはり気持ちは落ち着かなかった。「看護師さんが『見ない方がいいですよ、太田さん』と言うんだけど、どうしても薄目で見ちゃう」と怖いもの見たさの心境もあったようだ。

 ?>>爆問太田、オリンピックへの見解が手のひら返し? 批判を集めてしまった理由は<<???

 太田はマネージャーの日野氏と上原氏、男性2人を伴って打ちに行ったが、彼らを先に行かせていたところを、夫人で事務所社長の太田光代氏に見つかり、「(まずは)アンタでしょ」と注意されたという。

 太田は注射後に出ると言われる副反応についても報告。「結局どうなったかというと、その日けっこういろいろあるかもしれないからというんで休みになったんですよ。俺はね夕方くらいに、刺した部分がちょっと筋肉痛みたいになって、あと何ともなかったです」と軽度であったと報告。「二回目の方がそういうのが出るかも。出ていいです。僕は全然出ていいですけど」とワクチンの副反応に関しては構えた気持ちでいるようだ。

 ただ、野球経験者の上原氏は「強烈なデッドボールを受けたような痛み」で腕が上がらなくなり、日野氏も「腕に力が入らない」副反応が出た。太田は年齢に関係なく、人それぞれの反応が出ることに驚きの様子だった。

 この報告に、ネット上で「太田さん笑いにしてるけど、けっこう細かく観察しているんだな」「注射嫌いの太田さんがワクチン打ったの感慨がある」「最近のJUNKがワクチン接種のルポ放送みたくなってるな。でも、太田さんの発言が一番公平でわかりやすく言ってると思う。いつも太田さんはそうだよ。実は気遣いの人」といった声が聞かれた。

関連記事(外部サイト)