32歳男、女装しスーパー銭湯の女性脱衣所に入って逮捕 発覚は従業員のファインプレー

32歳男、女装しスーパー銭湯の女性脱衣所に入って逮捕 発覚は従業員のファインプレー

画像はイメージです

 千葉県習志野市のスーパー銭湯で、女装して女性脱衣所に入ったとして、32歳アルバイトの男が逮捕された。

 男は15日午後8時40分頃、習志野市内のスーパー銭湯に、女性用のかつらとTシャツにズボン、そしてブラジャーの中にシリコンを入れた状態で訪れる。そのまま女性脱衣所に入っていった。

 この男は以前にも不自然な格好で施設を訪れたことがあり、不審に思った女性従業員が男を追跡。「佐藤さん」と呼びかけたところ、返ってきた声が男性のそれだったため、容疑者を取り押さえ、警察が建造物侵入の疑いで逮捕した。

 ?>>34歳男、女性用の下着を頭にかぶり徘徊して逮捕 10代女性に「駅はどこですか」と声かける<<???

 警察の取り調べに対し、男は「女性の裸が見たかった」と容疑を認めているという。このような事案はたびたび発生しており、直近では今年4月15日に、宮崎県宮崎市の公衆浴場に女性の服を着て、パンツを穿いた状態で侵入した59歳の男が逮捕されている。この男は「女性と話がしたかった」などと話している。

 またも発生した女風呂への女装した男の侵入事件に、「間抜けな事件だと思うが、従業員はナイスプレーだった。それにしてもなぜ声をかけられて答えたのか。頭が悪い」「裸見たさにこんな直接的なことをするなんて信じられない。声をかけられて返答するあたりは、悪い人ではないようにも見えるけど…」などの声が上がる。

 一方で、「こういう人間が出るとトランスジェンダーが生きづらくなる」「性同一性障害などが悪用されかねない。到底受け入れられる話ではない」「許せないし、こういうことが続くと銭湯の運営に重大な影響が出かねない」と憤りの声も多かった。

関連記事(外部サイト)