50歳男、チアリーダー盗撮目的で高校野球の球場に侵入し逮捕 棒状の小型カメラを靴に仕込む

50歳男、チアリーダー盗撮目的で高校野球の球場に侵入し逮捕 棒状の小型カメラを靴に仕込む

画像はイメージです

 佐賀県の高校野球県大会が行われていた野球場で、チアリーダーを盗撮する目的で球場に侵入したとして、長崎県在住の50歳のアルバイト男が現行犯逮捕された。

 警察によると、男は20日午後1時頃、高校野球佐賀県大会の試合が行われていた佐賀市久保田町のさがみどりの森球場で、通路を移動中だったチアリーダーのスカートに足を差し向けるなど、不審な行動をした。

 ?>>彼氏に指示され女が女性風呂を盗撮、男女ともに逮捕「おぞましいの一言」怒りの声集まる<<???

 その様子を目撃した観客が声をかけ、立ち去ろうとしたところを確保。大会関係者に引き渡した。その後、男から事情を聞くと、長さ約11センチと15センチの棒状小型カメラを2台所持し、靴の中に入れ撮影していた。警察の取り調べに対し、男は「盗撮する目的で球場に侵入したことは間違いありません」と容疑を認めている。

 この犯罪に、「わざわざ靴にカメラを入れてまでチアリーダーを撮影しようとする。卑怯だよね」「ローアングルが好きなのか。何が目的なのか全く理解に苦しむ」「努力する方向がぜんぜん違う。アルバイト従業員なんだから、正社員になれるよう力を尽くすべきなのではないか」と怒りの声が上がる。

 また、「盗撮は行き過ぎだけど、カメラを持ってチアばかり撮影している男はよく見かける」「わざわざチアがよく見える席に座ってチアばかり撮影している人間はよくいるよ」「大学野球や社会人野球でもチアを狙っている男はよくいる。都市対抗野球大会でチアばかり撮影し、連れて行かれた人間を何度も見たことがある」などの指摘も。

 そして、「応援団を撮影することは一切禁止とするべき」「野球場のカメラ持ち込みを禁止しても良い」「テレビがわざとチアリーダーや女子生徒を撮影し煽っている。テレビの責任も大きい」「テレビがスタンドの女子高生を映すのも盗撮に等しい」「そもそも野球にチアリーダーなんて必要ない」という指摘も上がっていた。

関連記事(外部サイト)