「うるせえんだ」69歳無職男、下階の生活音に激怒し包丁で突撃し怪我させる 「怖すぎる」の声

「うるせえんだ」69歳無職男、下階の生活音に激怒し包丁で突撃し怪我させる 「怖すぎる」の声

画像はイメージです

 北海道石狩市で、アパートの下の階に住む男性を包丁で切りつけたとして、69歳無職の男が逮捕されたことが判明。その行動に驚きと怒りが広がっている。

 事件が発生したのは21日午前3時30分頃。石狩市のアパートで、69歳の男が下の階の男性宅を訪れインターフォンを鳴らすと、刃渡り19センチの包丁を振りかざしてと怒鳴りつけ、顎と右の手のひらを切りつけて怪我を負わせた疑いが持たれている。当時、下の階に住んでいた男性は出かける準備をしていたという。

 >>「口の利きかたが気にいらない」53歳会社役員の男、コンビニで男性店員に暴行し逮捕<<

 その後、被害を受けた男性が通報し、事態が発覚。傷害の疑いで逮捕された。警察の取り調べに対し、男は「足音や家電のモーター音が我慢ならなかった」と話し、容疑を認めているという。事件発生時刻が午前3時30分頃と言うことを考えると、2人の生活リズムはかなり異なっていたものと思われる。寝ている時間にうるさくされれば怒る気持ちも理解できるが、包丁でケガをさせる行為は犯罪だ。

 なんとも異常な犯罪に、「うるさくて頭に来るのはわかるけど、包丁で切りつけるのは頭がおかしいとしか言いようがない」「アパートに住んでいる以上、自分だってなんらかの生活音を出している。お互い様でしょう」「アパートの場合木造が多い。そうなると生活音は必ず出てしまうもの。嫌なら、戸建てに住めば良い」と怒りの声が上がる。

 また、「普通は管理会社に連絡するとか、そういう方法があるでしょ」「いきなりうるさいと包丁を持って突撃されたら怖いよ、本当に」「無職なんだし、昼いくらでも寝られる。おかしいよ」という指摘も出ていた。

関連記事(外部サイト)