生徒の血を飲むため学校に注射器を持ち込む 異常な性的虐待をした教師が逮捕

生徒の血を飲むため学校に注射器を持ち込む 異常な性的虐待をした教師が逮捕

画像はイメージです

 世界では不適切な行動をして逮捕された教師のニュースが報道されることがあるが、海外では生徒の血をとあることに使用しようとし、逮捕された教師がいる。

 アメリカ・テキサス州で、50歳の中学校の男性教師が性的虐待の罪で逮捕された事件の裁判が行われ、教師は生徒の血を飲むため学校に注射器を持ち込んだことが明らかになったと海外ニュースサイト『CBS DFW』と『NBC 5 Dallas Fort Worth』、『The Daily Star』などが7月16日までに報じた。

 >>女教師、新任すぐに14歳男子生徒へ性的暴行で逮捕 13日間で3回、他生徒の前での行為も<<

 報道によると、2019年、教師は自身の生徒である8年生の少女に性的なメールを送ったり、性的な接触をしたという。アメリカの8年生は日本では中学2年生にあたり、年齢は13歳または14歳である。性的なメールの詳細は明かされていないが、メールには卑猥な内容が綴られ、卑猥な画像も添付していたそうだ。性的な接触とは、具体的には教師が少女とハグをする際、少女の胸を手探りするように触ったり、少女に大人のおもちゃを購入するなどした。

 被害に遭った生徒が警察に通報し2019年、教師は逮捕された。この度、教師の裁判が行われ、教師の行動の詳細が明らかになったが、裁判では教師は少女に性的な接触をしたことのほかにも、少女の血を飲むため学校に注射器を持ち込んだことが明らかになったという。当局はプライバシーの観点から、教師が実際に注射器を使って採血し、少女の血を飲んだかどうかについての説明を拒否している。

 裁判で教師には有罪が言い渡され、性的虐待や生徒に対して不適切な行為をしたとして10年の刑務所行きを言い渡された。また、教師は生涯にわたって性犯罪者として登録される。

 このニュースが世界に広がると、ネット上では「50歳の教師が13、4歳の少女に性的なことをすること自体、気持ち悪いのに、さらに血を飲もうとしたなんて、頭がどうかしている。異常な性的嗜好の持ち主」「ヴァンパイアのよう。ニュースを見てゾッとしたし、二度と刑務所から出てきて欲しくない。尋常じゃない」「勇気を出して事件を報告した少女を称えたい。教師はまだ余罪がありそう」「当局が実際に教師が生徒の血を飲んだかどうか明かしていないあたり、実行したんだなと想像してしまう。気持ち悪すぎる」などの声が挙がっていた。

 事件を知り、異常とも言える教師の性的嗜好に怒りや恐怖を覚えた人は多いようだ。教師の犯した罪は非難されて当然であろう。

記事内の引用について
「Former Rockwall ISD Teacher Sentenced To 10 Years For Sending ‘Sexually Explicit’ Emails To Student」(CBS DFW)より
https://dfw.cbslocal.com/2021/07/13/former-rockwall-isd-teacher-marc-allison-sentenced-sexually-explicit-emails-student/
「Former Rockwall ISD Teacher Sentenced to 10 Years For Preying On 8th Grader」(NBC 5 Dallas Fort Worth)より
https://www.nbcdfw.com/news/local/former-rockwall-isd-teacher-sentenced-to-10-years-for-preying-on-8th-grader/2681333/
「'Vampire' teacher took syringes into school in bid to drink teenage girl's blood」(The Daily Star)より
https://www.dailystar.co.uk/news/world-news/vampire-teacher-took-syringes-school-24547364

関連記事(外部サイト)