“水と油”でドレッシング? コロナ禍で目立っていない小泉進次郎議員の「迷言」集

“水と油”でドレッシング? コロナ禍で目立っていない小泉進次郎議員の「迷言」集

小泉進次郎

 近ごろ、すっかり存在感を無くしてしまっているように見えるのが小泉進次郎衆議院議員だろう。かつては将来の総理候補ナンバーワンと言われ、2019年8月にフリーアナウンサーの滝川クリステルと入籍し、同9月に環境大臣として初入閣を果たすと、何かとその言動に注目が集まった。

 一見、父親で元総理大臣の小泉純一郎氏譲りの歯切れの良さがあるようでいて、大したことを言っていない「ポエム」的なフレーズは、「名言」ならぬ「迷言」と言われた。特に、大臣就任直後に訪れたアメリカのニューヨークで開かれた国連の気候変動サミットの場で発した「気候変動問題に取り組むことはクールでセクシー」発言はよく知られている。発言の真意としては、これまでと異なり格好よく行くべきといったものだったが、うまく伝わらなかったようだ。

 ?>>ひろゆき「嫌われても、未来のために動いた」小泉進次郎大臣を評価すべきと発言、驚きの声も<<???

 同月には、福島第一原発の汚染水問題で現地の水産物の話となり、「私、ノドグロ大好きなんですよね」と唐突に好物の話を始め、物議を醸し出した。

 その後、2020年初めから始まったコロナ禍で、メディアの進次郎氏への注目は後退していったが、しっかりと「迷言」は生まれている。

 2021年6月には、地元の横須賀市長選挙で自身が応援した候補の再戦について、「水と油を混ぜればドレッシングになる」と謎コメントを残している。進次郎氏は、前回の選挙では対立した候補の支援者の一部が、今回は自身の応援する陣営に付いてくれた。その時、労働組合の幹部から「小泉さんとは国政では水と油かもしれないが、水と油も混ぜればドレッシングになる」と言われたエピソードを披露。ただ、「ドレッシングは“油と酢”では」とツッコミが殺到してしまった。進次郎氏自身の言葉ではないとは言え、それをそのまま口にしてしまうのは、やはり迂闊と言えるかもしれない。

 また、同2月には、鶏卵業界でニワトリを収納するケージ(かご)について、「バタリーケージ含め、アニマルウェルフェア(動物福祉)の観点から、連携が深められればと思う」と発言。ネットでは「もしそんなことしたら、卵1個100円になるぞ」といったツッコミが殺到してしまった。プラスチック袋の有料化同様の思いつき発言と言わざるを得ないだろう。

 やはり、進次郎氏は良くも悪くも「天然」と言えるだけに、これからも「迷言」は飛び出しそうだ。

関連記事(外部サイト)