50代元消防司令、30代消防士長にタックルして怪我させる 「コミュニケーションのつもりだった」

50代元消防司令、30代消防士長にタックルして怪我させる 「コミュニケーションのつもりだった」

画像はイメージです

 岡山県津山市を始めとする、1市5町を管轄する津山圏域消防組合の50代元消防司令が部下にパワハラをしていたとして処分を受けたことが、3日判明。その行動に驚きが広がっている。

 組合によると、今年3月25日、津山市内の消防署に勤務していた50代の男性元消防司令が、車両や資機材を点検していた当時30代の消防士長に対し、「いっちょやるか」と声をかけると、タックルをして右胸の骨を1本折るなど、全治3週間の怪我を負わせた。

 ?>>消防職員、訓練用の人形と寝させる、辛いソース食べさせるなどのパワハラで処分「いじりだった」と話す<<???

 数日後、被害を受けた消防士長が所属長の消防司令長に被害を報告し、事態が発覚。当該元消防司令は「コミュニケーションのつもりだったが、非常に申し訳なかった」などと話し、行為を認めている。一方、被害を受けた消防士長は「タックルの誘いを受けたが、断り切れない雰囲気があった」と話しているという。津山圏域消防組合は、元消防司令を減給10分の1(3か月)の懲戒処分に。さらに、当時の署長と副署長に厳重注意、消防司令長を訓告とした。

 意味不明な「いっちょやるか」という発言と暴力行為に、「仕業点検中にタックルって、真面目に仕事をする気がないでしょ。コミュニケーションを履き違えた50代って厄介だわ」「一般の感覚ではあり得ない。究極の体育会系ってことなんでしょうけど、こういうところで働きたくはないね」「今でもこんなやつがいるんだね。びっくり」「50代のおっさんが朝っぱらから、『おーいタックルしようぜ』って来る職場。嫌すぎるよ」と驚きや呆れの声が相次ぐことになった。

関連記事(外部サイト)