ファミコン大好き少年の犯罪……小学校から硫酸を持ち出した!【衝撃の未成年犯罪事件簿】

ファミコン大好き少年の犯罪……小学校から硫酸を持ち出した!【衝撃の未成年犯罪事件簿】

画像はイメージです

 1983年に発売された家庭用ゲーム機「ファミリーコンピュータ」は子どもたちの遊びに新たな価値観を与え、俗に「ファミコンブーム」と呼ばれるほどの社会現象となった。

 ただ、良い面だけではなく、ファミコンがきっかけで犯罪に手を染める若者も多く存在した。特に1988年にソフト『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』が発売されたころには「ドラクエ強盗」と呼ばれる窃盗団も生み出された。

 この妙な犯罪はファミコンブーム真っ盛りの1987年に愛知県内で発生した。

 ?>>深夜の凶行! 勉強漬けの高校生が祖母を殺害した後に自殺【衝撃の未成年犯罪事件簿】<<???

 2月、愛知県警は県内の小学校の理科準備室を荒らした罪で、近くに住んでいた中学3年生の男子生徒2人を不法侵入の罪で補導した。

 生徒2人は午前2時ごろ、小学校に忍び込み2階の理科準備室にある硫酸と塩酸など薬品を奪って逃走した。

 硫酸といえばあらゆるモノを溶かす劇物として知られている。腐食性が強い塩酸は、皮膚に触れると、ただれて痛々しい傷痕を残す。その恐ろしさはよく知られていることだろう。

 この中学生2人は一体、どうして硫酸を盗み出したのか。実は彼らが硫酸を持って向かった先は……なんと小学校の近くにあるおもちゃ屋だった。

 彼らは閉店中のおもちゃ屋の鉄製シャッターを濃硫酸で溶かし、店の中にあるファミコンを持ち去ろうと画策したのだ。

 だが、しょせんは中学生の浅知恵。10センチ近くある厚みのシャッターを溶かすには硫酸のびん1つでは全く足りず、表面が少し焦げただけで終わった。

 盗んだ硫酸が全く使えないことを知った彼らはその場から逃走し、余った薬品は店から少し離れたため池にまとめて捨てたが、これが災いし3日後にあえなく補導された。

 中学生らしい結末と言えるが、それだけ当時の「ファミコン熱」が異常だったとも言えそうだ。

関連記事(外部サイト)