28歳小学校教諭、パチンコに負け景品のおかゆスープを盗み停職 呆れ声相次ぐ

沖縄県那覇市の28歳小学校教諭、パチンコに負け景品のおかゆスープを盗み停職処分

記事まとめ

  • 沖縄県の小学校に勤務する28歳の小学校教諭が、パチンコ店で景品を盗み停職処分に
  • パチンコで数千円負けたことに腹を立て、おかゆスープ1点を盗んだとされる
  • 「窃盗をしても教諭として勤務できるって、異常すぎないか?」と軽い処分に批判も

28歳小学校教諭、パチンコに負け景品のおかゆスープを盗み停職 呆れ声相次ぐ

28歳小学校教諭、パチンコに負け景品のおかゆスープを盗み停職 呆れ声相次ぐ

画像はイメージです

 沖縄県那覇市の小学校教諭がパチンコ店で景品を盗んだとして停職処分を受けた。

 処分されたのは、那覇市内の小学校に勤務する28歳の小学校教諭。7月11日、市内のパチンコ店で景品として用意されていたおかゆスープを1点盗んだ。その後、19日になり、沖縄県教育委員会が男性教諭を停職6か月とした。

 ?>>中学校勤務の45歳事務職員、PTA会費などから544万円を横領し懲戒免職「借金を返済するため」<<???

 動機は、パチンコで数千円負けたことに腹を立てていたからなのだという。教員がパチンコに興じることはよくある話なのだろうが、負けたことにイラついて景品を盗むとは、「あり得ない」と言わざるを得ず、教育者としての資質が欠けていると言われても致し方ないだろう。

 教育者にあるまじき犯罪に、「おかゆスープなんて数百円だし、教諭として勤務していれば余裕で買える。100円ちょっとだろうが犯罪は犯罪でしょうに、なぜ今後も教壇に立つことができるのか」「そもそもパチンコなんかやること自体がおかしい。そんな暇があったら、勉強をしろ」「ストレスが溜まることはわかるし、パチンコをやりたくなる気持ちもわかる。ギャンブルは負ける可能性の方が高いもので、それが出来ないならやるべきではない」と教諭に怒りの声が上がる。

 そして、「有罪じゃないと懲戒免職にしないのは間違っている」「窃盗をしても教諭として勤務できるって、異常すぎないか?」「教師が窃盗をして停職って、処分がめちゃくちゃ軽い。聖職というより、既得権益にまみれた社会という感じがしている」と教育委員会の対応を批判するネットユーザーも多かった。

関連記事(外部サイト)