丸山穂高議員、維新今井府議の不祥事報道に「爆笑してもーた」意味深コメントで深刻さを指摘

丸山穂高議員、維新今井府議の不祥事報道に「爆笑してもーた」意味深コメントで深刻さを指摘

丸山穂高氏のツイッターより https://twitter.com/maruyamahodaka

 丸山穂高衆議院議員が8月25日のツイッターで、『週刊新潮』(新潮社)ならびに同誌のウェブサイト「デイリー新潮」に報じられた、今井豊大阪府議会議員の不祥事に意味深コメントを残している。記事では、今井氏は女性事務員との不倫や貝塚市長から違法な献金を受け取っていた疑惑が報じられている。記事を受け、今井氏は離党届を提出し受理された。

 丸山氏は「維新の今井豊大阪府議会議員の闇献金に関する週刊新潮記事。『パイプカットしてんのはヤクザもんかオレかって言われてた』って記載のとこで爆笑してもーた。今井さんそれよく言う言う!まぁ、その不倫疑惑の方は正直どーでもええが、過去3回合計100万円の闇金の方が事実なら政治資金規正法違反の犯罪」と書き込んだ。

 ?>>丸山穂高議員、立憲民主党に「いつもダブルスタンダード」 本多議員“14歳と同意性交”発言には「何が問題なのか」<<???

 丸山氏は、元日本維新の会の所属であり、貝塚市を含む大阪19区が小選挙区であるため、今井氏の人柄もよく知っているのだろう。これには、ネット上で「この方が笑うぐらいだからどんだけゲスいか......」「『パイプカット』ってまさに『身を切る改革』ではないですか」といった反応が聞かれた。

 さらに、丸山氏は「今井豊議員の件、維新として離党届受理で終わりにするつもり?」「丸山のときは大阪維新も日本維新も離党届受け取らず除名扱いやったけど、今回は大阪のみ受け取ってってな意味不明配慮が維新っぽいな」といったツッコミも行っている。これには「丸山議員が、闇を暴いてて色々勉強になります」といった声が聞かれた。

 やはり古巣から巻き起こったスキャンダルであるだけに、丸山氏もその動向を強く気にかけているようだ。

記事内の引用について
丸山穂高氏のツイッターより https://twitter.com/maruyamahodaka

関連記事(外部サイト)