警察官をボーガンとナイフで襲う高校二年生! その目的とは?【衝撃の未成年犯罪事件簿】

警察官をボーガンとナイフで襲う高校二年生! その目的とは?【衝撃の未成年犯罪事件簿】

画像はイメージです

 拳銃を盗み出すため、交番勤務の警官を狙う犯罪は古くから数多く報告されているが、ここまで用意周到な強盗はあまり類を見ないと思われる……。

 1985年2月某日、東京都杉並区にある某派出所で30代の警官が机に向かい書類作成をしていた。

 その警官の背後で大きな音がし、警官が振り向くとそこにはボーガン(洋弓銃)を手に持った男がいた。男は警官に矢を一発放った。

 ?>>ファミコン大好き少年の犯罪……小学校から硫酸を持ち出した!【衝撃の未成年犯罪事件簿】<<???

 「あっ危ない!」
 警官の胸に一本の矢が刺さった。だが、2月の非常に寒い時期。セーターなどを重ね着していたため、体に矢は刺さらず無事だった。

 「しまった!」
 殺し損ねたことに気が付いた男はすぐに逃走したが、すぐに警官が追いかけてきた。途中で行き止まりになり、今度は懐に隠し持っていた刃渡り約8センチのナイフを取り出し、警官に襲いかかった。ボーガンの矢は防いだ警官だったが、ナイフによる攻撃は防ぐことができず、肩や腕に傷を負ってしまった。

 警官は「このままでは殺される」と感じ、拳銃を手にし、威嚇しようと地面を撃った。

 弾は男の太ももに当たり、男はその場で倒れて逮捕された。

 逮捕して分かったのだが、この男は東京都内の高校2年生A(17)だった。
 担任の話によるとAは学校では大人しい性格で、人をボーガンやナイフで襲うような人間ではないという。

 Aが、警官を襲った理由は以下の通りだ。Aには長年恋人がいたのだが、最近は不仲で「冷たい」と感じていたという。

 そこでAくんは恋人を拳銃で殺し、その後自分も自殺しようと決意。ボーガンとナイフで武装し派出所を襲ったという。Aは血を流したまま警察に逮捕された。

 なお、Aに当たった拳銃の弾は無

 もっとも、ボーガンとナイフで武装するなら拳銃はいらなかったのでは?とツッコみたいところだが、高校生の頭の中はよく分からないものだ。

関連記事(外部サイト)