古市氏、渋谷のワクチン混乱「都知事の思いつきに翻弄されている」「算数が出来ない」と猛批判

古市氏、渋谷のワクチン混乱「都知事の思いつきに翻弄されている」「算数が出来ない」と猛批判

画像はイメージです

 社会学者の古市憲寿氏が 、30日放送の『めざまし8』(フジテレビ系)に出演。小池百合子東京都知事を猛批判した。

 東京都は27日、都内在住か在勤・在学の16〜39歳に「予約なし」でワクチンを接種してもらうべく、渋谷駅近くの区立会館に会場を開設。だが、接種を「先着順」にしたところ300人近くが殺到し、大混乱。そこで翌28日からは「抽選券」を配る方法に変更したものの、これを求めて2千人以上の長蛇の列が。深夜2時過ぎから若者が集まり始め、朝の段階で最後尾は約1キロ離れた隣の原宿駅近くまで達していたそう。また、この抽選による当選者は354人、それに対して落選は1872人もいたという。

 ?>>『めざまし8』古市氏「テレビが悪いんじゃないですか」コロナ報道をバッサリ、賛同の声も<<???

 再び混乱を招いた渋谷の若者向け接種について、古市氏は「若者に現場に来てもらって抽選券を配るって最悪の方法」とバッサリ。「高齢者の方には基本的にネット予約をお願いしているわけじゃないですか。それなのに、若い人にはわざわざ渋谷まで来てもらって抽選券を配るっていう…。『不要不急の外出はやめてくれ』『人の集まるところに来てほしくない』って言ってるのに、渋谷に行ってわざわざ抽選券を取りに来てもらうというのは本当にチグハグだと思って」と痛烈。

 続けて、「都知事の思いつきに東京都の職員の方が翻弄されている」と私見を述べた。すると、先週末の番組で共演した元大阪府知事、元大阪市長の橋下徹氏が「(古市氏は)土曜日にはもっと悪口言ってた」と暴露。これに古市氏は「(都知事は)『算数ができない』って(言った)」と自白。そして、「でも本当にそうであって、16歳から39歳の東京都の在住者って、だいたい400万人なんですね。400万人のうちの1%の人が打ちたいと思っても4万人じゃないですか。それに対して1日200件はどう考えても少ない」と、1日あたり200人程度を見込んでいたという渋谷の接種に異論を唱えた。
SNS上では、古市氏の意見に「古市めずらしく正論」「古市わろた 老人→ネット予約 若者→現地集合」「古市さんまじそれな。 なんで若者にネット使わせないのか謎」「古市さんに同意」と共感の声が。

 小池都知事お得意のパフォーマンスと受け取られても仕方がないこのシステム。本末転倒な対策はまだまだ波紋を呼びそうだ。

関連記事(外部サイト)