34歳男、交通事故を起こし救急隊員と警察官に暴行し逃走 知人の説得を受け出頭

34歳男、交通事故を起こし救急隊員と警察官に暴行し逃走 知人の説得を受け出頭

画像はイメージです

 北海道石狩市で、駆けつけた救急隊員と警察官に暴行したとして、34歳の男が逮捕された。

 男は28日午後10時半頃、停車中のダンプカーに突っ込む事故を起こす。警察と救急隊員が駆けつけると、男は救急隊員2人に対し頭突きや平手打ち、さらに警察官にも暴行を加える。そして犯行後、仲間の運転する車に乗り込み、逃走した。

 ?>>77歳男、飲酒運転で逮捕「ワクチン接種が終わったので自由だと思った」呆れ声集まる<<???

 4時間後、知人の説得を受けた男が警察に出頭。公務執行妨害の疑いで逮捕された。警察の取り調べに対し、男は「弁解しようがない」と話し、容疑を認めているという。現在のところ酒に酔っていた、あるいは薬物を使用していたなどの報告はない。容疑は公務執行妨害だが、事故を起こした挙げ句、助けに来た救急隊員や警察官に暴行してまで逃げたとなれば、その裏に何かあると考えたくなってしまう。

 異常な事件に、「時間から考えて飲酒運転の可能性が高い。酒が抜ける頃に出頭してきたんだろ? 単なる時間稼ぎではないか」「コロナで大変な時期に救急隊員に無駄足を踏ませた挙げ句殴るとは許せない。ふざけるなと」「公務執行妨害だけではなく、器物破壊や傷害など、きちんとした処罰をするべきだ」「酷い事案だけど、普通に考えて罰金程度で終わってしまう。日本の司法はおかしい」と男に怒りの声が上がる。

 また、「警察が殴られて逃走されるってちょっとどうなっているんだ」「状況がわからないけど、警察は救急隊員を守ってあげられなかったのか」「殴った時点で即逮捕出来なかった警察の対応に疑問が残る」という指摘も出ていた。

関連記事(外部サイト)