1年住み着いていた妻の愛人、夫にバレて銃撃戦に 妻が愛人を「侵入者だ」と言ったことがきっかけ

1年住み着いていた妻の愛人、夫にバレて銃撃戦に 妻が愛人を「侵入者だ」と言ったことがきっかけ

画像はイメージです

 男女のもつれが事件に発展することはあるが、とある国では妻の愛人が夫に隠れて家に住み着いていたが、夫にバレ、銃撃戦になる事件が起きた。

 アメリカ・アラバマ州で、中年の妻の53歳の愛人の男が、58歳の夫に隠れて妻と夫が暮らす家に住み着き、夫にバレたことで夫と愛人が撃ち合いになったと海外ニュースサイト『The Kansas City Star』と『New York Post』、『The Daily Star』などが8月22日までに報じた。

 ?>>女生徒に性的暴行を加えた女教師が逮捕 「自殺する」と脅してほぼ毎日行為に及んだか<<???

 報道によると、愛人は、妻が夫と暮らす家に1年以上住み続けていたという。妻は夫にバレないように愛人に食べ物を届け、愛人は排尿などは部屋にあったペットボトルの中にして生活していた。愛人が具体的にどの部屋にいたのかは不明だが、報道によると、愛人がいた部屋は普段、妻が使用している部屋だったという。

 8月15日の午後9時頃、具体的な状況は明かされていないものの、家の中で夫が愛人と遭遇したそうだ。夫が愛人と遭遇した際、妻も家にいたが、戸惑う夫に対して妻は、愛人は「侵入者だ」と言った。妻の言葉を聞き、夫は銃を取り出し夫と愛人は銃撃戦になった。どちらが先に撃ったのかなどの情報は錯綜していて明確ではない。現在、保安官は銃撃戦が起きた時の詳しい状況について調べを進めているそうだ。

 銃撃戦によって夫は胸を撃たれ、愛人は太ももと肘を撃たれた。すぐに2人は病院に運ばれ命に別状はなかった。その後、保安官の調べによって妻と愛人は、事件当時、薬物を使用していたことが明らかになったそうだ。愛人は殺人未遂や麻薬所持の疑いで逮捕され、妻も麻薬所持の疑いで逮捕された。夫が罪に問われたとの情報はない。

 なお、『The Daily Star』によると、愛人は夫婦が住む家に1年以上住み着いていたものの、妻と夫は愛人が住み着いていた1年間の間で別居していた期間もあるそうだ。別居時期や期間は不明である。夫は愛人が住み着いていたことに気づかなかった。捜査にあたった保安官は地元テレビ局の取材に対し、「現在、妻と愛人は薬物によって精神が安定しておらず、まともに話を聞くことができない。1年以上、愛人が夫に隠れて家に住み着くなんて考えられない。私はこれまで30年以上にわたり色々な事件を見てきたが、この事件はこれまでの中で最も奇妙な事件だ」と話している。

 このニュースが世界に広がると、ネット上では「愛人を家に住まわせた妻もあり得ないけど、住んでいた愛人もあり得ない。彼らは人としてどうかしている」「妻に裏切られ、愛人に撃たれて夫は気の毒」「妻が侵入者だと言ったことで夫は相手を撃つことになったのだろう。武器を使うことはどうかとは思うが、夫は事情を知らなかったのだし正当防衛だと思う」「別居期間があったにせよ、1年以上も夫にバレずに家に住み着くことなんて可能なのか。もともと夫婦はお互いに興味がなく冷め切っていたのかも」などの声が挙がっていた。

 保安官は今回の事件について“奇妙”だと表現したが、夫婦と妻の愛人にはまだまだ謎に包まれている事実が多そうだ。

記事内の引用について
「Husband shot by wife’s boyfriend secretly living in Alabama home, sheriff says」(The Kansas City Star)より
https://www.kansascity.com/news/nation-world/national/article253591729.html
「Alabama man shot by wife’s lover — who secretly lived in couple’s home」(New York Post)より
https://nypost.com/2021/08/19/alabama-man-shot-by-wifes-lover-who-secretly-lived-in-home/
「Husband shot by ‘intruder' who was wife's lover and who secretly lived in their home」(The Daily Star)より
https://www.dailystar.co.uk/news/world-news/husband-shot-intruder-who-wifes-24811629

関連記事(外部サイト)