大手業者の配達員の男、配達中のトラック内で未成年者と性行為 強制わいせつなどの容疑で逮捕

大手業者の配達員の男、配達中のトラック内で未成年者と性行為 強制わいせつなどの容疑で逮捕

画像はイメージです

 新型コロナの感染拡大による巣ごもり需要増で、宅配業者は大忙しだ。そんな状況下でも、自らの欲望を満たそうとした配達員がいる。

 米ニューヨーク州警察は、配達中のトラック内で未成年の少女に性的暴行をはたらいた容疑で、配達員の男を逮捕したと同州警察、海外ニュースサイト『ABC7 New York』などが8月26日までに伝えた。

 >>36歳男、15歳少女の部屋のクローゼットに1か月住み着き性行為繰り返す 両親が発見して男は逮捕<<

 報道によると8月15日、同州警察に「地元の宅配業者のドライバーで、未成年の少女に性的暴行する男がいる」とタレコミがあったという。警察は捜査を開始、大手宅配業業者で働くドライバー兼配達員の30歳の男が容疑者として浮上した。発覚した経緯は不明だが、警察は男が少女2人に「不適切なメール」を送信していた事実を突き止めた。メールの具体的な内容は公表されていないが性的内容を含むわいせつメールだったようだ。

 さらに捜査を進めていくと、実際に性的暴行を受けた少女らが見つかった模様。少女らによると、男は担当する配達エリアを巡回中、未成年の少女に「マリファナをあげる」と声をかけ、配送トラックに少女を乗せて、人気のない場所まで連れて行ったという。男はマリファナを少女に渡した後、配送トラックの荷台内で少女と性行為に及んだ。なお同州では3月31日から21歳以上の成人を対象に、嗜好品としての大麻の使用を合法化している。

 実際に性的暴行を受けた被害者は2人だ。男は、もう一人の被害者少女も同様の手口を使って誘い出し、口淫などを強制したそうだ。のちに男は強制性交、性的暴行、強制わいせつなど複数の容疑で逮捕、起訴された。男の起訴を受けて宅配会社は男を解雇したと発表した。

 被害にあった少女らの情報は非公表だが、17歳以下と報じられている。なお、わいせつメールを送られた少女2人と、性的暴行を受けた少女2人は別の人物だという。警察は余罪もあるとみて、他に被害に遭った未成年者はいないか情報提供を呼び掛けている。

 このニュースが世界に広がると、ネット上では、「少女を狙った卑劣な犯行。一生刑務所に閉じ込めておいてほしい」「有名宅配会社のロゴが入ったトラックで、少女をナンパしていたら目立つよ」「同世代からは相手にされないから少女に手を出す。最低男!」「お届けする荷物は、マリファナと男自身」「マリファナ欲しさに、見知らぬ男の車に乗る少女にも問題あり」「最近の若者は、ビデオゲームではなく、マリファナで釣られてしまうのか」「マリファナと性行為が交換条件だったのでは? ギブアンドテイクの関係だったのかも」「未成年側が同意しても、性行為したら大人側はアウト」など、様々な声が上がった。

 10代の少女は、若さゆえ、判断能力が未熟な者がほとんどだろう。その少女らを言葉巧みに誘い出し性的暴行を加えるとは、卑劣極まりない最低な犯行だ。

記事内の引用について
State Police arrest sexual predator looking for additional victims(ニューヨーク州警察サイト プレスリリース)より
https://www.nyspnews.com/state-police-arrest-sexual-predator-looking-for-additional-victims.htm
FedEx driver accused of raping, sexually abusing teens inside company truck(WPXI)より
https://www.wpxi.com/news/trending/fedex-driver-accused-raping-sexually-abusing-teens-inside-company-truck/HDRDLR6DFFGBNGSY3OMJBXBT6A/

関連記事(外部サイト)