30歳女性、誘拐されそうになるも意外な方法で撃退 犬の散歩中だったことが最悪の事態を防ぐ?

30歳女性、誘拐されそうになるも意外な方法で撃退 犬の散歩中だったことが最悪の事態を防ぐ?

画像はイメージです

 危機的状況に陥った時、とっさの行動に出るのは難しいものだが、海外では男に誘拐されそうになったものの、あるものを男の顔に塗り難を逃れた女性がいる。

 アメリカ・テネシー州で犬の散歩をしていた30歳の女性が、47歳の男に誘拐されそうになったが、相手の顔に犬のフンを塗って逃げることに成功したと海外ニュースサイト『The Daily Star』と『Daily Mail Online』などが8月30日までに報じた。

 ?>>44歳ホームレスの男、通りがかりの女性に無理やり性的暴行を加え逮捕 あり得ない動機に怒りの声<<???

 報道によると、8月22日の午後1時30分頃、女性は同州内の森林地区で犬の散歩をしていたという。途中男が現れ、女性に水をもらえないかと話しかけた。女性が足を止めたその瞬間、男は女性の体を引っ張り、森の中に引きずり込んだという。このとき、目撃者はいなかった。

 森の中で男は女性の顔を何度も殴った。女性は殴られながらも持っていたフン袋から犬のフンを取り出し、男の顔に塗った。後ずさりする男を見て、スマートフォンで警察に電話をかけようとしたが、男は再び女性に近づきスマホを奪うと、その場から去り、森林地域内の川にあったボートで逃走したそうだ。男は一人で逃走し、女性が連れていた犬は無事だったとみられている。また男と女性が以前から知り合いだったという情報はなく、事件当時、2人は面識がなかったとみられている。

 女性は男の逃走後にたまたま通り掛かった通行人に事情を説明しスマホを借りた。警察に通報し、男は事件から2日後に誘拐未遂の罪などで逮捕されたという。報道によると、警察は男を指名手配し、防犯カメラの映像などから男の顔写真を公表していたそうだ。事件から2日後、男は同州のコンビニエンスストアを訪れたが、店員が指名手配されている人物だと認識。店員が尋ねたところ男が白状し、店員が通報した。警察が到着するまで店員が身柄を拘束し、警察に引き渡したという。店員がどのように男を拘束していたのか詳細は明かされていない。また『The Daily Star』によると、警察は男をホームレスだと明かしているという。誘拐しようとした動機は現在まで伝えられていない。

 このニュースが世界に広がると、ネット上では「水が欲しいと話しかけられ、すきを見せた瞬間に誘拐されそうになるなんて女性はとても怖い経験をした。無事で良かった」「犬のフンを犯人の顔につけようとしたとっさの判断がすごい。自分なら危機的状況の中、そんな判断を冷静に下せない」「女性を誘拐しようとまでした男が犬のフンで退散するなんてよほど嫌だったんだろうな」「男を拘束していたコンビニの店員がすごい。普通は怖くてできない」「事件後にコンビニに訪れるなんて、男はよほど罪の意識がなかったのだろう」「コンビニの店員に聞かれてあっさり自分は犯人だと認めるなんて、男は逮捕されたかったようにも思える」などの声が挙がっていた。

 罪のない女性を傷つけた男の犯行は許されるものではないが、女性が即座に下した判断が功を奏し最悪の事態は免れたといえよう。

記事内の引用について
「Woman attacked walking her dog drives off attacker by smearing pooch's poo in his face」(The Daily Star)より
https://www.dailystar.co.uk/news/world-news/woman-attacked-walking-dog-drives-24866844
「Tennessee woman fends off 'would-be kidnapper' by smearing her dog's FECES in his face」(Daily Mail Online)より
https://www.dailymail.co.uk/news/article-9938589/Tennessee-woman-fends-kidnapper-smearing-dogs-FECES-face.html

関連記事(外部サイト)