おぎやはぎ小木、岸田新総裁に「全く期待できない」 予想が外れた坂上は「決戦は衆院選」とトーンダウン?

『バイキングMORE』が自民党総裁選を特集 予想が外れ番組の空気が「急にお通夜に」

記事まとめ

  • 自民党総裁選について、29日放送の『バイキングMORE』が特集した
  • 1回目の投票で岸田文雄前政調会長がトップとなった瞬間に番組の空気が変わったという
  • ネットでは「『バイキング』急にお通夜になって笑った」などの声が集まった

おぎやはぎ小木、岸田新総裁に「全く期待できない」 予想が外れた坂上は「決戦は衆院選」とトーンダウン?

おぎやはぎ小木、岸田新総裁に「全く期待できない」 予想が外れた坂上は「決戦は衆院選」とトーンダウン?

おぎやはぎ・小木博明

 29日放送の『バイキングMORE』(フジテレビ系)で自民党総裁選について特集。1回目の投票で岸田文雄前政調会長がトップとなった瞬間、番組の空気が変化し、視聴者の間で話題になっている。

 前評判では、1回目の投票は河野太郎行革担当大臣が1位となるとみられていた自民党総裁選。一方、岸田氏と高市早苗前総務相は総裁選を前に、どちらかが決選投票に進んだ場合、両陣営で協力することで一致。河野氏が1位となった場合でも、決選投票では岸田氏か高市氏が1位となる可能性が高かった。

 ?>>岸田氏出演で坂上忍に「態度の差が見ていて不快」と批判 『バイキング』、高市氏との扱いの違いに指摘相次ぐ<<???

 『バイキング』でも1回目の投票では河野氏が1位となると予想。その上で、岸田陣営と高市陣営の決選投票での協力について、坂上は「まだ結果は出てないんですけど、河野さんが1位、岸田さんが2位になって決選投票になりました。そのときに、1位の人が勝てないって現象が起こるわけですよね」と不満げ。しかし、河野氏の1位獲得を確信していた様子だった。

 しかし、ふたを開けてみると、1回目の投票結果は河野氏が255票だったのに対し、岸田氏が256票でトップに。この結果にスタジオはざわつき、坂上自身はなにもコメントせず。決選投票が始まってから、「決選投票でどれだけの数が岸田さんに流れるかっていうのは国民見てるわけですよ」と指摘。「そうすると、派閥の力学の働き方が『まだこういうことになってるんだ』っていうのは、やっぱりそういうものも含めて、立憲(民主党)の枝野(幸男)代表も言ってましたけど、決戦は衆院選なんだっていうことだと僕も思うんですけどもね」とコメント。

 また、スタジオに出演していたおぎやはぎの小木博明も岸田政権の人選について、「岸田さんの意見は出ず、上のキングメーカーの人たちの意見がそのままやる(反映される)って感じで。全く期待できません」とバッサリ斬った。

 この一連の流れにネット上からは、「『バイキング』急にお通夜になって笑った」「気に入らない結果だからって明らかに下げるの引く」「叩くところが派閥しかないのか」「派閥云々は苦し紛れに出た言葉としか思えない」「予想大外れについてはなにも言わないのか」といった声が集まっていた。

 予想が外れ空気が一変した『バイキング』。その変わりように視聴者も驚いた様子だった。

関連記事(外部サイト)