展示車の中でホームレスの女が衝撃的な行為、客が目撃「店員にも同情する」驚きの声

展示車の中でホームレスの女が衝撃的な行為、客が目撃「店員にも同情する」驚きの声

画像はイメージです

 思わぬ形でショッキングな出来事に遭遇した経験は、誰にでも少なからずあるだろうが、海外では車販売店に訪れた客が、女のとある衝撃的な姿を目撃した。

 アメリカ・フロリダ州で、37歳のホームレスの女が、車販売店に展示されていた車の中で自慰行為をし、その姿を顧客が目撃したと海外ニュースサイト『Washington Examiner』と『CBS 42』などが9月27日までに報じた。

 ?>>歯科医の男、患者に性的暴行を加え逮捕 27歳から73歳までの女性被害者、約6年間で9人に及ぶ<<???

 報道によると、9月22日の夕方頃、車販売店に車を見に来た顧客が、展示されていたジープの中古車の後部座席に裸の女がいることを発見したという。車の中に裸の女がいることを確認した顧客は、店の責任者に車の中に裸の女がいると不平を言った。報告を受けた責任者は従業員とともに該当の車に近づき、車のドアを開けた。車のドアを開けると、そこには裸で自慰行為をしている女の姿があったという。顧客が女の自慰行為を目にしたかどうかは不明である。

 責任者が車のドアを開けてもなお、女は足を開いた状態のままで、責任者と従業員が来ても女は自慰行為をやめなかったと見られている。責任者は女に服を着て車から降りるように言い、その間に従業員が警察に通報。女は駆けつけた警察によって逮捕された。警察が現場に到着するまで、責任者らがどのようにして女を留めていたのかは明かされていない。

 女はいたずらの罪や公の場で性器を露出した罪などで逮捕され、現在、保釈金を7000ドル(約78万円)に設定され、勾留されている。車販売店は、女が車の中で自慰行為をしていたことで後部座席のシートに汚れが見られるなど、車に損傷があることを確認しており、車販売店は女に対する損害賠償額を1300ドル(約14万5000円)に見積もっているそうだ。30日現在までに、実際に車販売店が女に損害賠償を求めたかどうかは不明である。なお、女の裸を目撃した顧客が女や車販売店に対し、訴えるなどなんらかの対処をしたという情報は30日現在までにない。

 このニュースが世界に広がると、ネット上では「販売されている車の中で自慰行為をするなんて女は頭がおかしいのでは。ホームレスで家がなかったにしても、もっと別の場所があっただろうに、人に迷惑を掛けるとは考えられなかったのか」「女の裸を見た顧客も気の毒だけど、ドアを開けて女の自慰行為を目撃した店員にも深く同情する」「絶対見つかる場所だし、女はスリルを楽しんでいた可能性もある。そういう性癖があるのかも」「今後、女がいた車は清掃などをして販売されるのだろうか。いくら綺麗になったからといって買いたくない。それに女はほかの車でも過去に自慰行為をしていたかもしれないと思うと、この車販売店で車を買おうとは思わない」などの声が挙がっていた。

 女の罪は重罪ではないものの、車販売店が今後受けるかもしれない風評被害や目撃してしまった人らの心の負担を考えると、決して許されるべき行為ではない。

記事内の引用について
「Woman arrested after being found naked in back seat of Jeep at Florida car dealership: Police report」(Washington Examiner)より
https://www.washingtonexaminer.com/news/naked-woman-back-jeep-florida
「Customer finds naked woman in back seat of Jeep at Florida car dealership」(CBS 42)より
https://www.cbs42.com/regional/customer-finds-naked-woman-in-back-seat-of-jeep-at-florida-car-dealership/

関連記事(外部サイト)