三浦瑠麗氏、分科会決定のコロナ新指標に「全く評価できない」レベル0を問題視

三浦瑠麗氏が分科会の新型コロナ新指標に問題提起 ネット上でも賛同の声が多く集まる

記事まとめ

  • 三浦瑠麗氏が『めざまし8』で政府分科会の新型コロナウイルス新指標を批判した
  • レベル0を設けたことに問題提起し、「感染症の歴史からしても間違っている」と指摘
  • ネットでは「世界がウィズコロナめざす中で0は違和感」などと賛同の声が多く集まった

三浦瑠麗氏、分科会決定のコロナ新指標に「全く評価できない」レベル0を問題視

三浦瑠麗氏、分科会決定のコロナ新指標に「全く評価できない」レベル0を問題視

画像はイメージです

 9日放送の『めざまし8』(フジテレビ系)で、国際政治学者の三浦瑠麗氏が、政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会が新たに決めた指標を批判する場面があった。

 8日に発表された新指標。これまでは新規感染者数を重視した4つステージに分けられていたものの、今回の指標では医療逼迫の段階を重視して0〜4の5つのレベルに。

 最も高いレベル4は「一般医療を大きく制限してもコロナへの対応ができない」とされる“対応不可”で、最も低いレベル0は「新規感染者数ゼロを維持できている」という“感染者ゼロ”になる。“警戒強化”のレベル2から、“対策強化”のレベル3への引き上げは、3週間後に確保病床数に到達、または病床使用率や重症病床使用率が50%超が目安になるという。

 ?>>三浦瑠麗氏、コロナ激減の研究報告に苦言「“神風”みたいになる」危険性を指摘 疑問の声も<<???

 これに対し、MCの谷原章介から「新指標、コロナの出口と捉えていいんでしょうか?」と話を振られた三浦氏は「いや、これは私は全く評価できないと思っていて」とバッサリ。その理由について、レベル3が「緊急事態宣言などを想定」とされていることに触れ、「緊急事態宣言相当の基準が、やはり分科会が今まで予測を適切にできなかった」と指摘。今後についても「どうやって判断するんだろうってことが明らかじゃない」と苦言を呈した。

 また、三浦氏はレベル0を設けてレベル1と分けたことについても問題提起。「我々は、風邪のウイルスにたくさん接しています。インフルエンザも撲滅されない」と新型コロナウイルス以外の感染症とも共存して過ごしていると言い、「『ゼロがあり得る、そこをめざそう』という世論を逆に作ってしまうのは感染症の歴史からしても間違っているのかなと思います」と批判していた。

 この三浦氏の発言にネット上からは「世界がウィズコロナめざす中で0は違和感ある」「非現実的なものをめざしてもしょうがない」「その通り!」「ゼロなんてあり得ない」「誰もが思ってることだと思う」といった賛同の声が多く集まっていた。

 多くの人が違和感を抱いていた新指標なだけに、賛同が多く集まったようだ。

関連記事(外部サイト)