吉村大阪府知事「ブーメラン」発言は文通費以外にも? コロナ禍の問題発言も

吉村洋文・大阪府知事、文通費巡り特大ブーメラン コロナ禍のイソジン会見など物議

記事まとめ

  • 吉村洋文・大阪府知事が、文書通信交通滞在費を巡り特大ブーメランを浴びている
  • 10月分の文通費1日分100万円が支給され問題視も、吉村知事も過去に受け取っていた
  • 吉村氏はコロナ対策の「イソジン会見」「マスク会食呼びかけ」なども、物議となった

吉村大阪府知事「ブーメラン」発言は文通費以外にも? コロナ禍の問題発言も

吉村大阪府知事「ブーメラン」発言は文通費以外にも? コロナ禍の問題発言も

吉村洋文氏のツイッターより https://twitter.com/hiroyoshimura/

 吉村洋文大阪府知事が、文書通信交通滞在費を巡って特大ブーメランを浴びている。日本維新の会から当選した小野泰輔氏が、国会議員に1か月あたり100万円が支給される文書通信交通滞在費が、1日しか該当しないにも関わらず、10月分が支払われたことを問題視。吉村氏もこれに同調するが、自身が国会議員を辞し大阪市長選へ出馬した際も、1日で100万円を受け取っていたことが明らかになった。吉村氏は同額の寄付を申し出たが、「特大ブーメラン」と話題になっている。

 >>金子恵美氏、文通費「みんなが受け取っていたので受け取ってしまった」議員当時の違和感を明かす<<

 吉村氏の自らの行いがブーメランとなってしまったケースは、こればかりではない。

 2021年の春に大阪府ではコロナ患者が急増し、病院に入院できない自宅療養者が増える、実質的な医療崩壊状態が起こった。これに対し、吉村氏は「大阪は一足早く緊急事態宣言を解除したので、そのリバウンドもあると思う」と報道陣に語った。だが、これに「だったら最初から前倒しをすべきではない」といった批判がそのまま跳ね返ってきたのは言うまでもない。

 2021年8月には、『週刊新潮』(新潮社)と同誌のウェブサイト「デイリー新潮」に闇献金受領が報じられた大阪府議の今井豊氏の辞職を「今井議員の週刊誌報道に関し、応援頂いている皆様に謝罪申し上げます。本日、本人から責任をとって議員辞職する旨の申し出があり、議長に受理されました」とツイッターで報告。だが事務的な連絡に留まったため、非難が殺到。さらに、丸山穂高氏からも「『身を切る改革言いながら裏で幹部が何年間も金貰ろてました、歳費カットやのうてパイプカットですわ〜』の税金アジャース姿勢なら別ですが、両者とも長年計上なしの裏金は悪質すぎ」と批判されてしまった。改革を訴えながらも、足元が安定していないとブーメランを浴びてしまった形だ。

 さらに、世間の失笑を集めてしまったコロナ対策の「イソジン会見」「マスク会食呼びかけ」なども、物議となった。吉村氏が新たな特大ブーメランを浴びないよう願うばかりだ。

記事内の引用について
吉村洋文氏のツイッターより https://twitter.com/hiroyoshimura
丸山穂高氏のツイッターより https://twitter.com/maruyamahodaka

関連記事(外部サイト)