マツコ、テレビの労働環境「ここ5年でだいぶ変わった」垣花アナは休日取得について明かす

マツコ、テレビの労働環境「ここ5年でだいぶ変わった」垣花アナは休日取得について明かす

マツコ・デラックス

 11月29日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)で、働き方改革の話題となった。ポルトガルの議会で、勤務時間外に従業員にメールやメッセージを送ることが違法化された話題から、出演者の間で働き方について意見が交わされた。

 ?>>マツコ「お前みたいなのがダメにしてんだよ」元テレ東・大橋アナに強烈ツッコミ 苦境のデパートに珍提案も<<???

 マツコは「あの辺のスペインとかポルトガルのあたりって、昼ゆっくり休んだりとか、ガツガツ仕事している人が少ないから、これだけすごいことやってもそんなに支障が出ないかも」と持論を展開。続けて、「ここまで(のレベル)じゃないものを導入するには現実的にはあり得ると思うのよ。日本でも」と話すも、「相当な混乱を生じるわよね。でも、国で決めないと結局無理だよ。各企業の努力に任せますみたいなことをやっていても、特に日本みたいな働き方の国だと何も変わらないと思う」と述べていた。これには、ネット上で「確かに、国がトップダウンで決めた方がいいかも」「この手の働き方って、抜け道が無数にあるからな」といった声が聞かれた。

 さらに、マツコは「相当、テレビの労働環境も変わったでしょ。この5年くらいで。それでも一般企業に比べたらちょっと、なあなあなところは致し方ない部分で残るけど、だいぶ変わったよね」とコメント。これには、MCを務める元ニッポン放送の垣花正アナウンサーも「罰則が加わったか何かで、強制的に休みを取るようになった」と話していた。

 また、テレワークの普及に関しては、若林史江の仕事とプライベートの境目がなくなるといった話に対し、マツコは「その逆で、本当に働きたくなる人も増えてると思う。家にいるから。実際にサボったってバレないわけじゃない」と話していた。これには、ネット上で「マツコが語るとリアリティあるな」「何となく会社へ行っていたわけで、気持ちが切れるのはあると思う」といった声が聞かれた。

関連記事(外部サイト)