玉川徹氏の告白に「橋下さんのこと?」と反響 「僕は一切相手にしなかった」コロナ禍の“口撃”に言及

玉川徹氏の告白に「橋下さんのこと?」と反響 「僕は一切相手にしなかった」コロナ禍の“口撃”に言及

画像はイメージです

 30日放送の『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)で、同局局員でレギュラーコメンテーターの玉川徹氏が、秋篠宮さまについて言及した際の発言が話題を呼んでいる。

 この日番組で取り上げられたのは、秋篠宮さまが56歳の誕生日に際して行われた記者会見について。長女・眞子さんを巡る結婚報道に対して、「娘が複雑性PTSDになったのはおそらく、週刊誌、ネット両方の記事にあるのだろうとは思いますけれども、創作、作り話が掲載されていることもあります。誹謗中傷は許容できるものではありません」と糾弾。

 さらに、週刊誌報道やネットの書き込みで事実と異なる報道に対しては「一定の基準を設けてそれを超えた時には反論するなど、基準作りをしていく必要があると思います」と述べられていた。

 ?>>玉川徹氏、羽鳥アナに「みんなとうまくやろうと思ってない」指摘され動揺<<???

 これを受けて、玉川氏は秋篠宮さまに「本当にお立場として辛いと思う」と想いを寄せつつ、報道に対して逐一説明することに対して、「雑誌メディア等を含めてビジネスにされちゃう、お金もうけにされちゃうんですよね。利するだけなんですよ」と論じた。

 続けて、同氏は個人的な経験として、「コロナ禍で、色んなことを色んな人から言われたりしました。これは一般の人じゃなくて、名前が通っている人も含めてね」と有名人からの攻撃があったと告白。

 一方で、「それに僕が反論をしたら、その人のビジネスを利するだけになっちゃうんですよね、ただ単に。彼らの金もうけに協力するだけになるので、僕は一切相手にしなかったんですが、同じようなことが多分言えるんじゃないですかね」と話していた。

 今回の玉川氏の発言を聞いた視聴者からは「橋下の事か」「玉川さん、橋下さんの事ですか?」「抵抗・反論すれば橋ゲーの思う壺だもんな」「玉ちゃんもやっぱ橋下の事を気にしてんだね」と玉川氏について何かと横やりを入れてくる元大阪府知事、元大阪市長の橋下徹氏のことではないかという声が多かった。

 “反・玉川派”の他の有名人としては、漫画家の小林よしのり氏がいる。今年5月にネットに寄稿した記事では「コロナ不況は玉川徹がコロナ恐怖を煽らなければ起こらなかった」「玉川徹が元凶なんですけど!」と強い口調で批判。また、朝日新聞記者の川本裕司氏も「率直に語る姿勢は素晴らしい」としながらも、数日前の主張と違うことについて、「論理の一貫性の欠如を露呈させている」と非難していた。舌鋒が鋭いほど天敵は多いようだ。

関連記事(外部サイト)