25歳男、ガソリンスタンドで給油後逃走し逮捕 所持金は0円、オーナーが車のナンバーを覚えて通報

25歳男、ガソリンスタンドで給油後逃走し逮捕 所持金は0円、オーナーが車のナンバーを覚えて通報

画像はイメージです

 岐阜県各務原市のガソリンスタンドで、代金を払う意思がないにもかかわらず給油をしたとして、25歳の男が逮捕された。

 ?>>「1万円入れたのにお釣りが出ない」41歳女、ガソリンスタンドで金を騙しとり逮捕<<???

 警察によると、男は11月30日、各務原市のガソリンスタンドを自動車で訪れると、72歳のオーナーにレギュラーガソリン19リットルを給油させる。その後、金を払うことなく、逃走した。

 オーナーは容疑者のナンバーを記憶しており、「金が無い客が逃げようとしている」と警察に通報。捜査を進めた結果、住所不定で自称建築業の25歳男を特定し、詐欺の疑いで逮捕した。当時、男の所持金は0円だったとのこと。なんとかタダでガソリンを入れたいと考えたのだろうが、その行動と思考はあまりにも幼稚であり、短絡的と言わざるを得ない。

 なんとも情けない事件に、「100%捕まるに決まっている。ガソリンを買う金がないなら、自動車ではなく自転車に乗ればいい」「燃料代もないのに車に乗るなんて。ちょっと考えられないね」「非常に危険な行為。自動車で慌てて逃げれば衝突事故で、関係ない客がはねられる可能性だってある。決して軽い罪ではない」「逃げる意思があったと思えない。刑務所に入りたくて、こんなことをしたのではないか」と驚きや憤りの声が上がる。

 一方で、「ガソリン代が高騰して、今後こういう事件が多発する恐れがある。対策が必要」「有人のガソリンスタンドは基本的に後払い。アメリカなどでは、有人でも前払いになっている。日本も見習うべきだ」「ガソリンスタンドのあり方も、今後変わってきそう」などという指摘も出ていた。

関連記事(外部サイト)