54歳高校教師、窃盗に自転車パンク、女性の盗撮など複数の罪で度重なる逮捕

54歳の高校教諭が窃盗や自転車のパンクで度重なる逮捕 ネット上で怒りの声

記事まとめ

  • 54歳の高校教諭が商業施設で万引きをしているところを取り押さえられ、逮捕された
  • その後、自転車2台のタイヤをパンクさせたことや、さらなる窃盗も判明している
  • ネット上では「公務員と教育委員会が馴れ合っている」など、怒りの声が挙がっている

54歳高校教師、窃盗に自転車パンク、女性の盗撮など複数の罪で度重なる逮捕

54歳高校教師、窃盗に自転車パンク、女性の盗撮など複数の罪で度重なる逮捕

画像はイメージです

 富山県高岡市の県立高校に勤務する54歳の男性教諭が複数の窃盗をしていたとして逮捕され、懲戒免職処分を受けていたことが判明。そのあり得ない行動の数々にドン引きの声が相次いでいる。

 >>小学校教諭が紛失したテストデータなどのUSBメモリ見つかる 具体的な場所は不明<<

 男性教諭は今年7月、富山県氷見市の商業施設で万引きをしているところを取り押さえられ、窃盗の疑いで現行犯逮捕される。その後、駐車場に止めてあった自動車2台のタイヤをパンクさせていた罪も判明し、再逮捕に。

 さらに、教育委員会が聞き取り調査をする過程で、昨年2月にも氷見市内の商業施設でファンヒーター2台を盗んでいたことも発覚。事態を重く見た教育委員会は12月3日付で男性教諭を懲戒免職処分とした。また、同日には南砺市の義務教育学校に勤務する41歳の男性教諭も、今年8月に同市内のコンビニエンスストアで女性のスカートを盗撮したとして現行犯逮捕された件で、停職6か月処分となった。こちらの教諭は同日付で依願退職した。

 まさにやりたい放題の教師たちに、「公務員と教育委員会が馴れ合っている。今後もトカゲの尻尾切りと責任逃れの繰り返し」「一般社会も知らないし、肉体労働もできない。本当に人間の恥」「教育委員会には責任がない。ふざけるなと言いたい」などとネットユーザーから怒りの声が挙がる。

 また、「採用試験で倫理や道徳がしっかりしているのかチェックしていないのか?」「教育委員会の責任を問うべきだ」「すべて文部科学省の怠慢だと感じる。今や教師は犯罪者予備軍」「形式的な謝罪で自らを保身する教育委員会。恥を知れと言いたい」と教育委員会にも厳しい声が相次いでいた。

関連記事(外部サイト)