「知り合いを待っていた」26歳男、コンビニに約2時間居座り逮捕 買い物せず店内うろつく

「知り合いを待っていた」26歳男、コンビニに約2時間居座り逮捕 買い物せず店内うろつく

画像はイメージです

 熊本県玉名市のコンビニエンスストアで、26歳無職の男が店員から退去を勧告されたにもかかわらず居座ったとして逮捕された。

 ?>>30歳男、コンビニで女性店員に下半身を露出し逮捕「最近やり始めた」などと話す<<???

 男は14日午前5時過ぎ、玉名市内のコンビニエンスストアを訪れると、買い物をすることなく店員に声をかける、店内をうろついて小銭がないか床を確認するなどの行為をした。

 この男は店から出入り禁止を通達されており、店員が外に出るよう伝えるが、男は拒否し、7時頃まで居座ったため、110番通報。駆けつけた警察官がトイレにいた男を発見し、不退去の疑いで現行犯逮捕した。警察の取り調べに対し、男は「コンビニの近くに来る知り合いを待っていた」と話しているという。

 警察によると、男は周辺の店舗でも同じ行動を繰り返していたとのこと。今回のコンビニエンスストアについては、警察からも男に注意が与えられていた。詳細は現在、警察が調べているが、男の目的や真意は現在のところわかっていない。

 なんとも謎の深い事件に、「ホームレスだったんだろうか。寒いし、暖を取りたかっただけ、ということなのかも」「知的障害者なんじゃないの? いずれにしても、迷惑な話だよね」「アルバイトでもすればよかった。どうせ、受からないと思うけどね」「自分の働いていた商業施設でも、夏と冬になるとホームレスのような人間が入ってくる。店の人は騒いだり万引きなどをしてくれないと、警察を呼べない。今回の事件はレアケースかもしれない」「いろいろと闇が深い」と驚きの声が上がっていた。

関連記事(外部サイト)