茨城県、84歳男性がイノシシに噛まれ失血死 ワナからの捕獲のために近づく

茨城県、84歳男性がイノシシに噛まれ失血死 ワナからの捕獲のために近づく

画像はイメージです

 茨城県常陸大宮市で、84歳の男性が野生のイノシシに噛まれて死亡する事件が発生し、驚きが広がっている。

 ?>>「猫の足音がうるさい」65歳解体業男、上階住人に暴行し逮捕 窓から侵入して顔などを殴る<<???

 警察によると、事件が発生したのは15日午前9時40分ごろ。茨城県常陸大宮市の山林で、84歳の男性が体長1.2メートルのイノシシがワナにかかっている様子を発見する。男性が捕獲のため近づいていったところ、右脚を噛まれ負傷。イノシシは走り去った。一緒にいた次男が救急隊を呼び、事態が発覚。男性は直ちに病院に搬送されたが、太腿の動脈損傷による出血性ショックで死亡した。

 イノシシの被害は冬に入り深刻化している。14日には、兵庫県相生市でイノシシが畑に逃げ込み、駆除しようとした警察官2人と相生市の男性職員が腕や脚を噛まれて怪我をしている。この事件を起こしたのは体長1.4メートルのイノシシで、警察官を弾き飛ばしたのだという。

 また、10日夜にも香川県丸亀市の市街地で、イノシシが出没し、走行中の車やバイク8台に次々とぶつかるなどして逃走を続け、姿を現してから約2時間後の午後11時20分頃に網で捕獲された。このイノシシも体長1.2メートルで、体重は約80キロだったとのこと。いずれも事件を起こしたイノシシは体長1メートル超で、かなり速いスピードで人間にぶつかってくる。子どもはもちろんだが、成人でも大怪我や死に至る可能性があり、非常に危険だ。

 一連の事件に、「イノシシはとにかく力が強い。クマ並みの注意が必要」「イノシシは生死をかけて突進してくる。人間も遭遇した場合は相応の覚悟がないとダメだ」「亡くなった男性はわなにかかっていたイノシシを見て油断していたのかも…」という指摘が上がっていた。

関連記事(外部サイト)