35歳男、代行業者の男性に暴行し逮捕 動機は「態度が悪かった」

35歳男、代行業者の男性に暴行し逮捕 動機は「態度が悪かった」

画像はイメージです

 北海道札幌市白石区で、代行運転の男性に暴行したとして35歳会社員の男が逮捕されたことが判明。その行動に憤りの声が上がっている。

 ?>>34歳無職男、飲酒運転で事故を起こし妻に身代わりを依頼 妻は応じて出頭<<???

 事件が発生したのは15日午後10時15分頃。男は酒を飲んだ後、運転代行サービスを利用する。運転代行業のアルバイト47歳男性が自宅まで送り届けたところで降車すると、「態度が悪い」と言って激怒し、路上で胸を押すなどの暴行を加えた。被害を受けた男性が警察に通報し、駆けつけた警察官が暴行の疑いで現行犯で逮捕した。

 警察の取り調べに対し、男は「押したり、つかみかかったりしていない」と容疑を否認している。詳細は不明だが、男は当時酒に酔っており、正常な判断ができていなかった様子。状況証拠を見る限り、被害男性の主張の方が、信用性が高いと言えるだろう。また、ドライブレコーダーが搭載されていれば、当時の様子は振り返ることができる。

 代行運転は、居酒屋などの飲食店に車で向かった人物が帰宅するため、業者の人が依頼者の車を運転するもの。長年利用されてきたサービスではあるが、今回のようなトラブルも、多々発生しているようだ。

 酒に酔った男による暴力事件に、「酒を飲んでいたから覚えていないと言い訳をする人間が多すぎるよ。そんなの全く免責事項にならないことを理解できないのか」「これだけ酒を起因とした事件・事故が多発しているのに、なぜアルコールが規制されないのか。いい加減にしてほしい」「年末になるとこういう人間が多数出てくる」と怒りの声が上がる。

 また、「代行業者だっていろいろな人がいる。そもそも送り届けるのが仕事なんだから、その仕事は全うしているはずだ」「気に入らないなら、後で業者に連絡するなりすればいい」という指摘も出ていた。

関連記事(外部サイト)