26歳無職男、機械ごとカプセルトイを盗んで逮捕「持ち出したけど、盗んではいない」と供述

26歳無職男、機械ごとカプセルトイを盗んで逮捕「持ち出したけど、盗んではいない」と供述

ガチャガチャ

 北海道苫小牧市の大型商業施設で、スーパーボール141個が入ったカプセルトイを盗んだとして、26歳無職の男が逮捕されたことが判明。その行動に驚きが広がっている。

 ?>>82歳女が621円のシューマイを万引き、現金26万円を所持しており驚きと疑問の声<<???

 警察によると、男は21日午前10時25分頃、苫小牧市の大型商業施設でスーパーボールの入ったカプセルトイ(ガチャガチャ)を機械ごと肩に担いで外に持ち出す。50メートル先で重さに負けたのか、機械を置いて休んでいたところを追いかけた店員が発見、話を聞くと「私は盗んでいません」とそのまま立ち去った。

 その後、警察が男を捜索した結果、大型商業施設から500メートルほど離れた公園で男を発見。窃盗の疑いで逮捕した。当時、男は数万円を所持していたとのこと。現状、なぜスーパーボールのカプセルトイを盗もうとしたのなど、動機はわかっていない。警察の取り調べに対し、男は「持ち出したが、盗んではいない」と意図不明な供述をしている。

 謎の多い事件に、「レアなフィギュアでもなく、単なるスーパーボールの入ったカプセルトイを盗み、放置して逃走するなんて。意味のわからない犯罪だ」「北海道は寒いし、警察に捕まって留置場に入りたかった、ということか。こんな理由で犯罪を重ねる人間が多数いる北海道は怖いね」と驚きの声が上がる。

 また、「持ち出したが、盗んではいない」という言い訳に、「頭がおかしいし、意味がわからない」「こんな供述で罪を免れる事ができると思ったのか。近頃流行っている『無敵の人』なのかもね」「こんな人間が世の中に潜んでいることが怖くて仕方ない」という怒りも多かった。

関連記事(外部サイト)