気象台勤務の58歳男、浄水器を盗んで逮捕「お金を使うのがもったいなかった」

気象台勤務の58歳男、浄水器を盗んで逮捕「お金を使うのがもったいなかった」

画像はイメージです

 福岡県福岡市の商業施設で、浄水器を盗んだとして福岡管区気象台に勤務する58歳の地震情報官が逮捕された。

 ?>>53歳男、エコバッグを悪用し3万円分以上を万引き 転売目的の犯行か<<???

 男は5日午後1時頃、福岡市中央区の大型商業施設を訪れると、持っていたリュックサックに1600円で販売されていた浄水器を入れ、そのまま店を出た。様子を見ていた保安員が取り押さえ、警察に窃盗の疑いで現行犯逮捕された。

 警察の取り調べに対し、男は「お金を使うのがもったいなかった」などと、容疑を認めている。男が勤務する福岡管区気象台は「嫌疑が事実であれば誠に遺憾で、厳正に対処するとともに再発防止を徹底する」と話している。店の保安員が万引きの瞬間を目撃している以上、言い逃れをできるような状況になく、今後福岡管区気象台から何らかの処分が出ることは間違いないだろう。

 福岡管区気象台に勤務し、それなりの収入を得ていたと思われる男が「金を使いたくない」という理由で万引きをするという事件に、「たった1600円をケチるって。こういう人間は万引きもするし、キセルもする。万引きを趣味として楽しむ輩だ」「調べれば余罪も次々に出てくるのでは。現行犯じゃないと、犯罪は立証しにくいけれど…」「1600円でこれまで積み上げてきたキャリアがパー。情けないね」「なぜ浄水器なのか。全く意味がわからない」と怒りや呆れの声が上がる。

 また、「万引きをした職員を福岡管区気象台はどうするのか。きっとクビにしないんだろうなと思う」「再発防止を徹底するって、具体的に何をするんでしょうかね。万引きをするなって講釈を垂れるんですか?」「再発防止を徹底するって言いながら、具体策がない。ほとぼりが冷めるのを待つだけだね」と福岡管区気象台の対応にも疑問の声が出ていた。

関連記事(外部サイト)