遠野なぎこ、“芸能人マスクしろ”批判に反論「できること全てやってます」 橋本マナミはオミ株「騒がなくてもいい」

遠野なぎこ、“芸能人マスクしろ”批判に反論「できること全てやってます」 橋本マナミはオミ株「騒がなくてもいい」

遠野なぎこ

 1月25日放送の『バラいろダンディ』(TOKYO MX)で、芸能界で新型コロナウイルスの感染者が相次いでいる話題となった。お笑い芸人や女優など幅広い層に感染者が判明している。芸能界は事あるごとにPCR検査を行うため、感染者が判明しやすい背景も取り上げられた。

 これを受け、橋本マナミは「いつなってもおかしくない状況なので怖くて。私ドラマのPCR(検査の結果を)を今待っているところなんですよ。あと3日後ぐらいに出るんですけども。それで無症状で陽性とかなった時には、みなさんに迷惑かけちゃうから。本当に怖くて仕方ないな」と心境を吐露。一方で、オミクロン株は重症化率が低いと言われる点に触れ、「軽症だからそこまで騒がなくていいんじゃないかと、ちょっと思ってきちゃってますけどね」と持論も述べていた。

 これには、ネット上で「確かにドラマは撮影現場に大きな迷惑かかるだろうな」「芸能人が感染したら1か月はテレビに出られないから大変そう」といった声が聞かれた。

 さらに、遠野なぎこは「芸能界だから、バラエティだから、マスクをして芸能人だってやれって、すごいネットで言われますけど、少し私違うなと思うのは、我々も直前までマスクしてるし、検温も消毒もして、できること全てやってますよね」とネットのバッシングに反論する場面も。「本当、みんな気をつけてるんで」と現場では感染対策が十分に行われていると話していた。

 これにも、ネット上では「何だか芸能人は特別って言ってるように感じる」「マスクつけてたらバラエティが成り立たないのはわかるけど、それならそうと開き直った方がマシ。あの意味のないアクリル板をアリバイにする方が酷い」「なぎこ冷静に喋ろうとしてるけど、これはかなり怒ってるんでは」といった様々な意見が並んだ。

関連記事(外部サイト)