マイナンバー政策は「巨大利権が中央政府を動かしている」苫米地氏が「誤った政策」と猛批判

マイナンバーの取得促進関連事業に約2兆円の予算投入 苫米地英人氏が猛批判

記事まとめ

  • 認知科学者の苫米地英人氏が、『バラいろダンディ』(TOKYO MX)に出演した
  • マイナンバーの取得促進関連事業に約2兆円の予算が使われている現状を猛批判した
  • 「(ワクチンが)うまく行ったんで同じことをやっているようにしか思えない」と発言した

マイナンバー政策は「巨大利権が中央政府を動かしている」苫米地氏が「誤った政策」と猛批判

マイナンバー政策は「巨大利権が中央政府を動かしている」苫米地氏が「誤った政策」と猛批判

画像はイメージです

1月23日放送の『バラいろダンディ』(TOKYO MX)で、マイナンバーの取得促進関連事業に約2兆円の予算が使われている現状を、認知科学者の苫米地英人氏が猛批判した。

 苫米地氏は「コロナのワクチンを普及させようとする時、官邸のコンサルタントが市町村を競わせようというアイデアを出して、それで当時(政府が)乗って。そして市町村が競い合うことになった」と裏事情を明かした。

 そこで今回のマイナンバー取得促進も、コロナワクチンの接種普及と同様の形で進められていると背景を説明。続けて、苫米地氏は「行政のネット化という話は緊急でも何でもない」と指摘。また、「まず国会で審議しなければならない話。国会審議もなく、どんどん内閣の中だけで進めちゃってるわけです。まさにコロナ政策と全く同じ。(ワクチンが)うまく行ったんで同じことをやっているようにしか思えない」とコメント。苫米地氏は「巨大利権が中央政府を動かしている」と政府のマイナンバー取得促進政策の背景を指摘し、批判した。

 さらに、苫米地氏は「2兆円使うんだったら、いくらでも新しいシステムをやって行ける。なんで過去に作ったシステムのメンテナンスと、(システムを)大きくして行くのか。ものすごいやり方が古いので、メンテナンスコストがすごいかかる。それを普及するために2兆円ってどんだけ後ろ向き」と舌鋒鋭く批判した。

 番組では、岡山県備前市が世帯全員のマイナンバーカードを作れば子どもの給食費は無料、しない場合は有料と定め、物議を醸した話題が取り上げられた。これには苫米地氏は「(こうした政策を行う場合)出ているお金は地方交付税。国民から税金で集めた金でやるってことは完全に利権ですから。もし利権にならない自信があるんだったら国会で審議した後にやるべき。全く誤った政策ですね」と批判した。

 これには、ネット上で「確かに行きあたりばったりな印象は拭えない」「ワクチンでうまく行ったからマイナンバーもということなのか」といった声が聞かれた。

関連記事(外部サイト)

  • 39

    運転免許証取得時、警察から財布に入れて持ち歩くな、免許証と財布は別々に持ち歩けと注意喚起された事を思い出した。 理由は、紛失時に免許証が戻らない可能性があるとのこと。 マイナンバー交付時は何の注意も無く、只今奥深く保管中、5年後の更新時期まで保管場所を覚えているやら、マイナカードを取得したことを覚えているやら。

  • 38

    他国では必須のシステムをお金をバラまいてまで任意にしているのが本当に無駄。 脱税や生活保護不正受給、医療費未納者の医療費踏み倒しや不法入国者の管理を目的にしているシステムに執拗に反対しているマスゴミや政治家が何人か、よくわかるシステムです。まともに働いて納税している日本国民が反対しているのは意味不明というか 脳 弱過ぎる。

  • 37

    もともと贈収賄事件になってたほど、役人も丸投げで詳しい人間いねーんだろ? さらに丸投げしまくりリケンの闇が広がってるだけじゃね?

すべてのコメントを読む