みずほ銀行、1万9000人リストラ目標 銀行員すら安定しない現状にネット動揺

みずほ銀行が1万9000人リストラ目標を掲げ「安定した仕事はもうない」とネット動揺

記事まとめ

  • テレ東『ワールドビジネスサテライト』で1万9000人削減すると掲げたみずほ銀行を特集
  • ネット上では、「安定した仕事はもうない」など、銀行員の先行きを悲観する意見が多数
  • 日本では現在、東京オリンピックに向け、キャッシュレス化を早急に進めている

みずほ銀行、1万9000人リストラ目標 銀行員すら安定しない現状にネット動揺

みずほ銀行、1万9000人リストラ目標 銀行員すら安定しない現状にネット動揺

画像はイメージです

 5月15日に放送された『ワールドビジネスサテライト』(テレビ東京系)では、2026年までに従業員を1万9000人削減すると掲げた「みずほ銀行」を特集した。

 「みずほフィナンシャルグループ」が18年3月期の決算で発表した純利益は5765億円。同じメガバンクの「三菱UFJフィナンシャル・グループ」は9896億円、「三井住友フィナンシャルグループ」は7343億円と大きく差が開いている。

 みずほフィナンシャルグループ社長の坂井辰史氏は、この現状を問われ、「営業力・生産性の向上、基礎的収益力の向上が大きな課題であると認識している」と改善点は多数あると認め、「今年度は反転攻勢の年と定め、顧客部門の回復につなげたい」と抱負を語った。

 また、大幅な従業員の削減を打ち出したことについて、「私達が今やろうとしているのはリストラというより、来るべき時代に金融機関として、どういうサービスを提供する会社になるかということ」と時代に合わせて組織を編成するだけとコメント。

 続けて、「定型的な作業は機械に任せて、一人一人はツールをどのように使いこなすか」と機械化できる部分は積極的に推し進めていくと語った。

 ネット上では、「安定した仕事はもうない」「銀行のリストラ数ヤバイな」「友達が銀行に内定貰ったって喜んでたけど大丈夫かな?」など、銀行員の先行きを悲観する意見が多く寄せられた。

 日本では現在、2年後に迫った東京オリンピック・パラリンピックに向け、キャッシュレス化を早急に進めている。

 キャッシュレスが普及すれば、銀行は店舗やATMを削減でき、人件費や管理費などを抑えることが可能で、先日、「銀行全体で1兆円ぐらいのコスト削減が可能」と『クローズアップ現代+』(NHK系)でみずほ銀行幹部が語っていた。

 安定した職業の代表格に挙げられていた銀行員だが、その安定感に陰りが見え始めている。

関連記事(外部サイト)