リサイクルショップでバッグを盗みその場で「買い取り」要求 44歳無職男のお粗末な犯行

リサイクルショップでバッグを万引きし、その場で買い取り要求した44歳無職男を逮捕

記事まとめ

  • 福岡県東区のリサイクルショップで、44歳無職の男がショルダーバッグを万引き
  • そのまま店員にそのバッグの買い取りを要求するも、店員はこれを見抜き警察に通報
  • 男は逮捕され、ネット上では「頭悪すぎる」「計画性がなさすぎる」などの声があがった

リサイクルショップでバッグを盗みその場で「買い取り」要求 44歳無職男のお粗末な犯行

リサイクルショップでバッグを盗みその場で「買い取り」要求 44歳無職男のお粗末な犯行

画像はイメージです

 福岡県東区のリサイクルショップに、とんでもなくお粗末な窃盗犯が現れ、ネットで話題となっている。

 揶揄されているのは東区和白丘三丁目に住む44歳無職の男。9月30日、同2丁目のリサイクルショップで、2万4732円相当のショルダーバッグ万引き。その時点で犯罪を見た人はいなかった模様で、まんまと盗みに成功する。

 通常そそくさと店外に向かうものだが、男はそのまま店外に出ず、店員の元へ。そして、盗んだショルダーバッグを出し、「これ、買い取りやけん」と話し、売り飛ばすことで金を得ようとする。店の売り物であることを察知した店員は、盗品であることを見抜き、咎めたうえで警察に通報。窃盗と詐欺未遂の疑いであえなく御用となった。

 この頭の悪すぎる事件に、ネットユーザーは総ツッコミ。「頭が悪すぎる」「計画性がなさすぎる」とあざ笑う声や、「なぜ当日店で盗んだショルダーバッグをその店で売るのか」「別の店で売ればいいだろ」という冷静な指摘もあった。

 もちろん、知能犯であろうが、今回のような少々頭の悪い事件だろうが、窃盗と詐欺は犯罪であり、許されるものではない。しかし、今回は犯罪者としては「バレバレ」の行動と言わざるを得ず、ツッコミを受けても仕方がないと言わざるを得ないだろう。

関連記事(外部サイト)