薬物・銃器対策課の巡査部長が覚せい剤所持で逮捕 「ミイラ取りがミイラ」事件に怒りの声

薬物・銃器対策課の巡査部長が覚せい剤所持で逮捕 「ミイラ取りがミイラ」事件に怒りの声

画像はイメージです

 北海道・札幌中央署の薬物銃器対策課の巡査部長(46)が覚せい剤取締法違反(所持)で逮捕されたことが判明。ありえない事件に、怒りの声が殺到している。

 逮捕された巡査部長は、室蘭署など10年以上薬物・銃器対策課に勤務。4月から札幌中央署に所属していた。

 そんな薬物と銃器の取り締りに精通していると思われた巡査部長だが、実は自分が覚せい剤を使用していた様子。札幌中央署が別の事件で捜査を進めていたところ、この巡査部長が覚せい剤を所持している疑いが浮上する。

 そして10日午後8時、捜査員が路上にいた巡査部長に声をかけ、持ち物をチェック。その結果、覚せい剤を発見し、現行犯逮捕と相成った。現在のところ使用していたかについてはわかっておらず、これから明らかになるものと思われるが、可能性は高いものと見られている。

 また、覚せい剤の取り締まり情報などを組織に流していた可能性も否定しきれないが、こちらについても現在のところは不明だ。

 「覚せい剤を取り締まる人間が覚せい剤を所持していた」という「ミイラ取りがミイラになった」事件に、ネットユーザーからは「こんな奴らにスピード違反を取り締まられたくない」「腐っている」「権力を濫用している」など、怒りの声が殺到している。

 警察官による犯罪が後を絶たない昨今だが、今回の事件は「ありえない」もの。巡査部長の懲戒免職はもちろん、管理者側も責任を追及されるべきだろう。

関連記事(外部サイト)