乗車拒否された男が運転手を暴行して逮捕 その理由は、“連れが大便を漏らしていたから”

タクシー運転手に暴行した男逮捕 男の連れが大便を漏らしていたため乗車拒否され立腹

記事まとめ

  • 兵庫県三木市でタクシーの利用を断られた男が立腹し、運転手を暴行を加えて逮捕された
  • 乗車拒否された理由は、男の連れが大便を漏らしていたためだという
  • ネットでは「断られて当然だろう」「なぜ乗れると思ったのか」と驚きの声があがった

乗車拒否された男が運転手を暴行して逮捕 その理由は、“連れが大便を漏らしていたから”

乗車拒否された男が運転手を暴行して逮捕 その理由は、“連れが大便を漏らしていたから”

画像はイメージです

 兵庫県三木市で、建設会社社員の男(64)が、タクシーを利用しようとしたところ断られたことに腹を立て、運転手を暴行したとして逮捕されたことが判明。その動機に怒りの声が上がっている。

 逮捕された男は13日午後、兵庫県三木市内で知人男性とスナックで飲酒。10時50分頃、帰宅のためタクシーに乗ろうとしたのだが、運転手(71)が乗車を拒否する。その理由は、連れの男性がウンコを漏らしていたため。

 運転手がウンコを漏らしていることを指摘すると、64歳の男がなぜか激怒。顔を数回殴打して、相手に鼻血を出させるなどの怪我を負わせ、駆けつけた警察に現行犯逮捕された。

 ウンコを漏らすような男はタクシー運転手から乗車を拒否されて当然だろう。逮捕された男としては、自分ではなく連れの男がウンコを漏らしていたことも怒りの要因だったのかもしれないが、常識的に考えれば「乗れない」ことを受け入れるべきだった。64歳がそのようなことを考えられず暴力に出るとは、情けないの一言だ。

 この驚愕の事件に、ネットユーザーも騒然。「断られて当然だろう」「なぜ乗れると思ったのか」と驚く声が。また、「兵庫県三木市ってやばくない?」「ウンコ漏らしてタクシーに乗れると思ってしまうことがヤバイ」などの指摘もあった。

 様々な声はあるが、ウンコを漏らした状態ではタクシーやバスなどの乗車を断られることがある。それは正当な行為であり、腹を立ててもどうすることもできない。ウンコは漏らさないようにしてもらいたい。

関連記事(外部サイト)