分娩中にバランスボールの使用を指示され転倒し子宮破壊 女性が病院を提訴も争う姿勢

分娩中にバランスボールの使用を指示され転倒し子宮破壊 女性が病院を提訴も争う姿勢

画像はイメージです

 大阪市の産婦人科で分娩中バランスボールを使うよう指示され、使ったところバランスを崩し転倒し子宮が破裂し、生まれた男児も死亡したとして被害を受けた夫婦が約9000万円の損害賠償を求めた裁判が24日、大阪地裁で開かれた。

 訴状によると、被害を受けた女性は2013年6月に破水して入院。病院側がベッド上のバランスボールに上半身を乗せたところ、陣痛などの影響でバランスを崩し転倒した。事態を受け帝王切開の措置が取られたものの、子宮が破裂しており、生まれてきた男児も仮死状態に。さらに、脳性麻痺も残っており、1歳7か月で死亡したという。

 女性は、子宮の破裂はバランスボールから転倒したことが原因で、突然使うよう指示され介助の看護師もいなかったと主張。また、手術の際にガーゼを体内に忘れ翌日再手術を受けたとのことで、医療ミスを指摘し、男児の介護疲れで夫婦が精神疾患にかかったとし、逸失利益や慰謝料を求めている。

 この訴えに対し、病院側は争う姿勢を見せており、今後の裁判でその主張が明らかになる様子。伝えられた事実を見る限り、病院側の非は明らかなようにも思えるのだが…。ネットユーザーからも「なぜ争うのか」「手術でミスをしたのは事実だろ」「妊婦にバランスボールはありえない」などの声が上がった。

 今後、なぜバランスボールを使用させたのかなどが、裁判の争点になると思われる。ちなみに妊娠中のバランスボールについては、ネットで検索すると「陣痛促進の効果がある」「陣痛の痛みを緩和する効果がある」などと謳うサイトがあり、一部病院でも導入しているとされる。

 しかし、効果については医師が保証しているわけではなく、不明。また、使用については、介助者や安定するよう物に掴まることが前提とされる。この病院が正しい使用方法を間違えた感は否めないだろう。

 ただし、争う姿勢を見せたということは、なんらかの主張を持っているものと思われる。今後の裁判に注目したい。

関連記事(外部サイト)