JRの姫路駅前の歩道で小便の無職男が逮捕された JR神戸線では電車内に大便や小便か

記事まとめ

  • 10日、JRの姫路駅前の歩道で57歳の男が逮捕されたことが判明、その「余罪」に注目も
  • 逮捕されたのは、57歳の男で10日、姫路駅の北側の歩道でズボンと下着を下ろし小便
  • JR神戸線では電車内に大便や小便をする迷惑行為が相次いでおり、捜査する予定だとも

姫路駅前の路上で小便して逮捕された男、JR神戸線電車内では大便も? 異常行動にドン引き

 10日、JRの姫路駅前の歩道で57歳の男が逮捕されたことが判明。その「余罪」について注目が集まっている。

 逮捕されたのは、相生市に住む無職の男(57)。10日午後5時50分頃、姫路駅の北側の歩道でズボンと下着を下ろし小便をしていたところ、駆けつけた警察官に逮捕された。

 なぜ、用を足したタイミングで警察官が駆けつけたのか。それは「余罪」疑惑にある。JR神戸線では電車内に大便や小便をする迷惑行為が相次いでおり、犯人の目撃情報などから警察がこの男をマーク。犯行現場で小便を始めたため、公然わいせつの疑いで逮捕したのだ。

 ところ構わず小便や大便を公共の場所で撒き散らすのは究極の迷惑行為。余罪もこの男の犯行なら相応の処罰を受けるべきだろう。

 異常な事件にネットユーザーはドン引き。「電車内で大便なんて頭がおかしい」「めちゃくちゃな行動」「世も末としか言いようがない」と呆れる声が。一方で「痴呆症だったのかもしれない」などの声も。また、JR神戸線ユーザーと思われる人物からは「犯人であってほしい」「安心して電車に乗れそう」と、安心する人もいた。

 今後、電車内での大便・小便についても捜査する予定。現段階では電車内の犯行については立証されていないが、状況を見るとこの男が関与している可能性はかなり高い様子。警察には早急に真相を明らかにしてもらいたい。

関連記事(外部サイト)