踏切に扇風機が放置され、電車と衝突 あわや大惨事の犯罪に怒りの声殺到

JR山陽電鉄の踏切で電車が扇風機と衝突し緊急停止 奇妙かつ重大な事故に嘆きの声

記事まとめ

  • 19日、姫路市の山陽電鉄八家〜的形間の踏切で、扇風機と電車が衝突し緊急停止した
  • 山陽電鉄の運転士が踏切内に放置された扇風機を見つけ、急ブレーキをかけたが衝突
  • 「荷台から誤って落ちた」「何者かが故意に置いた」の両面の可能性をみて警察は捜査

踏切に扇風機が放置され、電車と衝突 あわや大惨事の犯罪に怒りの声殺到

踏切に扇風機が放置され、電車と衝突 あわや大惨事の犯罪に怒りの声殺到

画像はイメージです

 19日、兵庫県姫路市の山陽電鉄八家〜的形間の踏切で、線路上になぜか置いてあった扇風機と電車が衝突し緊急停止する事故があった。

 事故があったのは19日午前6時20分頃。山陽電鉄の運転士が踏切内に放置された扇風機を見つけ、急ブレーキをかける。しかし時すでに遅しで、電車と衝突。扇風機は原型を失い、線路に飛び散る事態に。幸い運転士と乗客に怪我はなく、車両も問題なし。5分後には運転を再開した。しかし一歩間違えば、大惨事の可能性も否定しきれない。

 なぜ扇風機が線路に放置されていたのか。山陽電鉄によると、9分前に同じ場所を通過した際には扇風機はなかったそうで、警察は「荷台から誤って落ちた」「何者かが故意に置いた」の両面の可能性を見て捜査を進めている。

 鉄道の運行を妨害する行為は往来危険罪に該当する。「たかが扇風機」「ちょっとシュール」という声もあったが、衝突によって電車が脱線し、横転する可能性もあった。仮に故意だとすれば、相応の罪を負うことになるだろう。

 この奇妙かつ重大な事故に、ネットユーザーも驚いた様子。地元民からは「この辺は治安が良くないから…」「なさけない…」「もうこの街嫌だ」など、嘆きの声が相次ぐことになった。

 現在、犯人の行方はわかっていないが、通常運行を妨害し、乗客を生命の危険に陥れた行為は許されざるもの。早急な犯人逮捕を望みたい。

関連記事(外部サイト)