娘のベビーカーで万引きした女が逮捕 “リアル万引き家族”の常とう手段?

娘のベビーカーで万引きした女が逮捕 “リアル万引き家族”の常とう手段?

画像はイメージです

 14日、1歳の娘を乗せたベビーカーに商品を隠すなどし万引きをしたとして、兵庫県警生田署は窃盗の疑いで、いずれも神戸市長田区に住むパートの女(37)と無職の女(38)を現行犯逮捕した。

 報道によると逮捕容疑は同日午後2時半すぎ、同市中央区東川崎町1の商業施設内にあるスポーツ用品店で、パートの女は運動靴1点(販売価格約7500円)、無職の女は店内にある備品の鏡1点をそれぞれ盗んだ疑いで逮捕されている。ともに容疑を認めているという。

 警察の調べによると今回逮捕された2人は知人同士で、一緒に入店。無職の女はベビーカーの背もたれと娘の背中の間に鏡を隠し、パートの女は持参したビニール袋に運動靴を入れたという。互いに目配せをするなどしていたといい、役割分担などを調べている。

 この事件の報道を受けて、ネット上では2人を非難する声が殺到している。

 「1歳とはいえ共犯にさせられちゃったってことだよね?最低な母親だな」「こんなやつが親…子供はどんな風に育つのかな」「リアル万引き家族」「信じられない。子供を犯罪に使うな」

 中には「私も見たことがある。しかも子供玩具を万引きしてた」「ベビーカーの万引き多いよー」「ベビーカーで万引きはよく聞くね。知り合いのシンママ(シングルママ)もやってたよ。見つかっても子供のせいにできるしぃ〜って言ってた」との声もあった。

 2017年には神戸市中央区内の飲食店アルバイトの女(当時32)がスーパーで、菓子や野菜など食料品139点(計約1万50円相当)をベビーカーの座席に入れ、万引きしたとして逮捕されている。

 ベビーカーで万引きする同様の犯行は過去にもある。万引き犯にとってベビーカーは常套手段なのかもしれない。

 貧困からくるものなのか、精神的ストレスによるものなのか。動機などはまだ判明していないが、いずれにしても子供をダシに使った窃盗は許されることではない。

関連記事(外部サイト)