ノーヘルで“煽り運転”の挙句、追突事故 迷惑すぎる動画がSNSで大拡散

ノーヘルで“煽り運転”の挙句、追突事故 迷惑すぎる動画がSNSで大拡散

画像はイメージです

 19日、ヘルメットなしで煽り運転をする男性の動画を添えたツイッターへの投稿が、10万以上のリツイート、18万以上の「いいね」を記録。「これほどダサいものはない」とネット上で話題になっている。

 830万回以上再生されている問題の動画は、一般ユーザーの投稿。動画の内容は、ヘルメットを着用せずにバイクを運転する20〜30代とぼしき男性が左右に蛇行運転し、後続車の進路を妨害した挙句、数秒後には前方不注意で信号待ちの車に突っ込み、事故を起こしたというものだった。

 動画は事故を起こした時点で途切れてしまっているが、犯人は事故を起こすなり、すぐに逃げて行ったそうである。投稿主によれば犯人はまだ捕まっていないという。

 この動画にはネット上で批判が殺到している。

 「車間距離不保持、車両義務違反、本線車道通行車妨害、番号標表示義務違反、合図不履行、割り込みなど、ヘルメット無着用、安全運転義務違反、最後に当て逃げで免停か」「世界最速でバチが当たった男に認定だな」「これが最近問題になっているアホリ運転ですか」「ただでさえ、バイクで転倒は恥ずかしいのにこれはヤバい」「また煽り運転?って思って眉をひそめてたら…ごめんなさい、笑ってしまった」などと、批判しつつ失笑するネットユーザーが続出した。

 煽り運転はもちろん、許されるものではなく笑いごとでは済まされない。

 投稿主はこの動画や車のドライブレコーダーを警察に提出済みとしている。警察も動いているものと思われ、早急な対応が待たれる。犯人は道路交通法はもちろん、交通マナーも学んだ方がよさそうだ。

関連記事(外部サイト)