TDS、度々問題になる園内での「TikTok」撮影を連想させるPR動画で物議 “マナー違反では?”の声

 東京ディズニーリゾートの人気アトラクション「タワー・オブ・テラー」のスペシャルバージョンに関するあるPRが、ネット上で物議を醸している。

 今月7日から3月20日まで行われる予定の「タワー・オブ・テラー“アンリミテッド”」。これについて、東京ディズニーリゾートは21日に公式ブログを更新し、「『タワー・オブ・テラー “アンリミテッド”』:未知なる気分上昇体験コンテンツを公開!」として、3つのコンテンツを紹介。今回問題となっているのは「表現力の未知なる上昇」で、「みんなで気分を上げるダンスを楽しむコンテンツ」として、「オリジナルの音楽と振り付けも用意しています!」というもの。「今話題のダンスアプリで、音楽に合わせてダンスを撮影してみましょう」とつづられていた。

 また、ブログ上には、ユーチューブ動画が埋め込まれており、その中では、若い男女が「タワー・オブ・テラー」をバックに、音楽に合わせてダンスを披露。中には、通路の真ん中と思われる個所で撮影された動画もあり、動画は人気アプリ「TikTok」を連想させる独特の編集方法が使用されていた。

 しかし、東京ディズニーリゾートといえば、パーク内の動画撮影は必ずしも推奨されていないことで知られており、公式サイト内の「よくあるご質問」での「パーク内で写真撮影やビデオカメラでの動画撮影をしてもいいですか?」の中でも、「撮影は可能ですが、施設や場所によっては、撮影をご遠慮いただくことがございます」「他のお客様等のご迷惑となる撮影および公衆送信は固くお断りします」と記されている。

 このことから、ネット上では「動画撮影はマナー違反だったはずなのに公式が推奨してる」「公式でこういう動画見たくなかった」「マナーの悪い人増やすだけじゃん」といった声が殺到。炎上状態になっている。

 特設サイト上には、「タワー・オブ・テラー×TikTokの未知なる組み合わせに、気分も上昇!さあ、君もホテルハイタワーを背景に“恐怖のダンス”を撮影しよう!」と「TikTok」を推奨する文もあるものの、注意書きとして、「撮影時はルールやマナーを守って、安全にお楽しみください」「狭い通路や混雑している場所での撮影はご遠慮いただいております」なども記されており、ネット上には、この注意書きをもっと強調すべきと指摘する声もあった。

 ディズニーファンがもっとも懸念するマナー違反者の増加。果たしてディズニーリゾートの秩序は守られるのだろうか――。

東京ディズニーリゾート公式サイトより https://www.tokyodisneyresort.jp/top.html
東京ディズニーリゾート公式ブログより https://www.tokyodisneyresort.jp/blog/

関連記事(外部サイト)