八代弁護士「リツイートの責任も問題にすべき」 バイト不適切動画の見解に批判殺到

八代弁護士「リツイートの責任も問題にすべき」 バイト不適切動画の見解に批判殺到

八代英輝

 11日に放送された情報ワイドナショー番組『ひるおび!』(TBS系)でのある一幕がネット上で物議を醸している。

 この日、番組ではくら寿司などで相次ぐアルバイト店員の不適切動画について特集。問題行為を行った2人に対し、くら寿司側が刑事告訴や損害賠償請求をする準備を進めていることなどにも触れられていた。このことについて、レギュラー出演している八代英輝弁護士は「あまり語られてないのは、この映像を見て、これを拡散させたり、リツイートしてる人たち。リツイートの責任っていうのもくら寿司は問題にしたらいいんじゃないですか」と、SNSで拡散した側にも責任があると断言。「これ、広めてるのも、共犯ですから」と厳しい言葉で糾弾し、「本当に一石投じるんでしたら、生贄のように2人だけを法的責任追及するんじゃなくて、これを拡散させた当事者全員に対して責任追及すべきだと思います」とコメントしていた。

 しかし、これについてネットからは、「つまり、テレビで今まさに報道してる自分たちも訴えられて良いということなんだろうか?ブーメランじゃん」「テレビで取り上げるのは問題ないのか?って話になるよね。テレビの方が影響大きいし」「リツイートしたことによって社会的に取り上げられて、ここまで問題が明確化されてお前らメディアが取り上げてるんでしょ…」といった声が殺到。八代弁護士の発言を疑問視する声が多々寄せられてしまった。

「実はリツイートするだけで加害者となってしまうケースというのは存在します。今回でいうと、他人の迷惑行為をリツイートしたということで、名誉毀損罪に当たる可能性が出てきてしまうでしょう。しかし、リツイートで加害者になるというケースはあまり知られていないということもあり、八代弁護士がその説明を飛ばし、リツイートした人を厳しく断罪してしまったため、ネットユーザーからの反発を生んでしまったようです」(芸能ライター)

 リツイートによって明るみになることが多い飲食店バイトの不適切動画。しかし、拡散する側にも責任は生まれてきてしまうようだ。

関連記事(外部サイト)