蓮舫氏「子ども一人の命を守れない国」発言にフィフィが批判も、自らが大炎上

【小4女児死亡】立憲民主党・蓮舫副代表の政権批判発言を受け、フィフィが批判し炎上

記事まとめ

  • 立憲民主党・蓮舫副代表が、「子ども一人の命を守れない国は何なのか」と国を批判した
  • これに対し、フィフィは「児童虐待防止法改正に反対した蓮舫議員」とツイート
  • 2004年の児童虐待防止法改正時に、蓮舫氏は議員じゃなかったことからフィフィにも批判

蓮舫氏「子ども一人の命を守れない国」発言にフィフィが批判も、自らが大炎上

蓮舫氏「子ども一人の命を守れない国」発言にフィフィが批判も、自らが大炎上

蓮舫議員

 立憲民主党・蓮舫副代表にタレント・フィフィからツッコミが入り、ネットで話題となっている。

 事の発端は、9日の蓮舫氏の講演。千葉県野田市の小学4年生女児が浴室で死亡し、両親が傷害容疑で逮捕された事件について、「子ども一人の命を守れない国は何なのか」と批判。さらに、「どうしていつも、関係閣僚会議が後手後手になり、警察、児童相談所、自治体は連携を取れないのか」と投げかけ、「この国は少子化が止まらない。だから生まれた命を守るのは当たり前のことではないか」と訴えたことだ。

 これに対し、フィフィは17日、「私は問いたい、なぜ平成16年の警察の積極的介入を盛り込んだ児童虐待防止法改正に反対した蓮舫議員が、今回の虐待死の件で現政権を責めることが出来るのか、私はその真意を問いたい」と、蓮舫氏に対する批判をツイート。

 このフィフィのツイートがネット上で物議を醸し、大炎上している。

 「もう何本目のブーメランだよ」「蓮舫議員には物事を考える際の芯がない」「もう狙って炎上させているようにしか見えないんだが…ウーマン村本と同じ炎上商法?」「自分の発言くらい覚えてろよ」「こんなのが続けて当選するってこと自体が問題」「何を言っても無駄」と、批判が殺到。

 一方で、「平成16年(2004年)児童虐待防止法改正時に蓮舫は議員じゃなかったし、改正案は全会一致で可決だったみたいだけど」という指摘も見られた。

 指摘の通り、確かに厚生労働省HPには、「児童虐待の防止等に関する法律の一部改正」は平成16年4月14日公布と明記されている。また、蓮舫氏の公式HPのプロフィールには「2004年(平成16年)7月第20回参議院議員選挙(東京都選挙区)で初当選」とある。

 この指摘で雲行きが一気に怪しくなる。

 「議員になる前の法改正に、どうやって反対したのでしょうか?」「かっこつけて『私は問いたい』とか言って書いてある内容 嘘ばっかとか恥ずかしい…」「フィフィさん、なぜデタラメを言うのですか? あなたの主張は完全な捏造です」など、今度はフィフィのツイートの矛盾が炎上。蓮舫氏ではなく、フィフィに批判が殺到する結果に。

 蓮舫氏を追及するつもりが、自分に火の粉が降り掛かってきてしまったフィフィ。今回は蓮舫氏の「ブーメラン」ではなかったようだ。

記事内の引用について
フィフィの公式ツイッターより https://twitter.com/FIFI_Egypt

関連記事(外部サイト)