36歳男、別居中の妻宅に侵入し犬をレンチで撲殺 異常な犯行と罪の軽さに怒りの声殺到

36歳男、別居中の妻宅に侵入し犬をレンチで撲殺 異常な犯行と罪の軽さに怒りの声殺到

画像はイメージです

 北海道札幌市豊平区で、36歳の男が別居中だった妻の自宅に侵入し、飼っていたミニチュアダックスを撲殺するという事件が発生。男の身勝手な動機に怒りの声が挙がっている。

 逮捕された男は、25日夜から26日早朝にかけて留守中だった別居中の妻の家に合鍵を用いて侵入。妻がペットとして飼っていたミニチュアダックスに対し、持っていたレンチで頭を殴り、撲殺した。帰宅した妻は部屋の中で頭から血を流して横たわる犬を目にすると、警察に通報。捜査の結果、荒らされた形跡がないことから合鍵を持っていた別居中の夫が捜査線上に浮かび、動物愛護法違反の疑いで逮捕された。

 詳細は明かされていないが、この夫婦はこれまでにもトラブルの相談が警察に寄せられていた様子。男の、人間とは思えぬ凶行を見ると、DVなどを行っていた可能性が高いとみられる。

 取り調べに対し、男は「我を忘れてやった」などと、容疑を認めている。妻が可愛がっていた何の罪もない犬を撲殺するとは非常に鬼畜で、動物の命を虫けらとしか思っていない様子。今後、妻も同じような犯行に遭遇する可能性も否定しきれないだろう。

 このありえない凶行に、ネットユーザーからは「許せない」「人間とは思えない」と怒りの声が噴出。また、「本当は妻を殺そうと思っていたのではないか」「身代わりで犠牲になったと思うと、妻も辛いと思う」「自分のペットがこんなことをされたら許せない」と憤る声も。

 さらに、「殺人と同じなのだから重い罪にしてほしい」「動物愛護法違反でしか裁けないのが辛い」「罪を重くしてほしい」などと、刑罰の軽さを嘆くネットユーザーも多かった。

 ただし、「なぜ合鍵を渡していたのか不可解」「別居しても家を知っていて、合鍵を持っているということは、夫婦関係がそこまで破綻していたとも言い切れないのかもしれない」という指摘もあった。

 男の犯行動機などは、これから明らかになっていくと思われるが、犬をレンチで殴り殺すとは異常で、エスカレートし妻を殺す可能性も否定できない。この種の犯罪を動物愛護法違反でしか裁けないことは、非常に残念だ。

文・神代恭介

関連記事(外部サイト)