入学前から友達づくりで“入学旅行“も! 今ドキJK、驚きのSNS活用法

入学前から友達づくりで“入学旅行“も! 今ドキJK、驚きのSNS活用法

画像はイメージです

 高校受験を終え合格発表が行われると同時に、Twitter上では“#春から○○(高校名)“との「ハッシュタグ(#)」を付けた投稿が花盛りになる。これは約2年前から始まったトレンド。その高校に受かった時点で、早くもTwitterで“自己紹介“が始まるのだ。その傾向は男子よりも女子に顕著だという。そこで、昨年入学した現役女子高校生にリサーチしたところ、SNSならではのメリットとデメリットがあったという。

 まずメリットは、入学式の時点で既に友達になっている相手もおり、中学入学時のような不安感がないことだ。実際に会っている“リア友“ではなくても、Twitterでつながっているので、「あっ!○○ちゃん!よろしく〜」などと、"はじめまして"のあいさつの距離感が近いのだという。

 LINE交換も済ませグループLINEを活用している生徒も多く、中学を卒業してからの長い休みの間にディズニーランドなどに“入学旅行“をして、一足先に仲良くなっているグループも存在しているというのだから驚きだ。

 デメリットもある。SNSで入学前につながっていない生徒は、友達作りに一歩遅れてしまう。いわゆる“スクールカースト“というクラスのヒエラルキー(組織構造)の中で、早くも下位層になってしまう状況も見受けられるというのだ。

 また過去の投稿も見ることが可能であるため、いわゆる“黒歴史“を発掘されてしまう生徒もいるとのことだ。イジメのキッカケが、こんなところに潜んでいるケースもあるというのだから恐ろしい。

 他にも少数ながらも、顔出しをしているなど個人を確定できるアカウントの場合は、出会いを求めている輩が女子高校生になりすましている場合も。同性だと思って実際に会ってみると、相手が男だったと発覚した悪質なケースも実際にあったという。複数の友達と待ち合わせ場所に行ったためか相手は現れず、そのアカウントはすぐに削除されていたというから、注意が必要だ。

 このトレンドは、大学入学の際も盛んになるそう。今後のスタンダードになっていく可能性は高いと思われる。“インターネットネイティブ“世代は、出会いを求める男の刃に引っかかる危険性もあるツールで人とつながっていくことに抵抗がないようだ。

 おじさん世代にとってはおごそかな入学式の緊張感やドキドキも、いい思い出となっているのだが、そんな昔話をしたところでいまのJKには「ゴメン。意味分かんない」と言われるのが関の山のようだ。

文 / 萩原 孝弘

関連記事(外部サイト)